腸内の善玉菌を増やす!ラフィノースで大腸を安定化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

136_ブロッコリー_re

腸内の善玉菌の量を増やすラフィノースで大腸を安定化!

ラフィノースは天然に存在しているオリゴ糖の一つで、ビートやキャベツなどに多く含まれていることが知られています。

この成分には腸内で良い働きをしている善玉菌の量を増やして、腸の活動を活発にする効果があるので、腸の不調などの症状を緩和することが期待されています。また肝臓の機能を健全に保つ効果なども認められています。

腸内細菌を育てるラフィノース

ラフィノースは腸内に存在している善玉菌などを育てる働きがあるので、善玉菌の働きによって大腸の健全な活動を支えています。

また悪玉菌の活動を抑制して体外に排出することに貢献しているので、悪玉菌の活動による腸内のさまざまな弊害を取り除き、安定した腸内環境を整えることに大きく関わっています。

肝機能の働きを強化するラフィノース

ラフィノースは腸内の環境を整えて悪玉菌や毒素を排除する効果があるので、その影響で肝機能にも良い影響を与えてその働きを強化することが期待出来ます。

またこの成分はオリゴ糖として直接肝臓に影響を与えて、負担になるアルコールの摂取やストレスなどでのダメージを、素早く回復させることにも貢献しています。

ロールキャベツで簡単に摂取出来るラフィノース!

ラフィノースを多く含んだ食材として有名なキャベツを使った料理としては、野菜炒めやお好み焼きなどに使うとたくさんこの成分を摂取することが出来ます。

またサラダなどでもドレッシングなどを、さまざまに工夫することで簡単に食べることが出来るので便利ですが、それ以外に栄養素を効率的に摂取するには、ロールキャベツなどにするとたんぱく質と一緒にこの成分を採ることが出来るので効果的と言えます。

サラダにブロッコリーを入れてラフィノースを摂取

ラフィノースを多く含んだ食材としてはブロッコリーがあります。

ブロッコリーを使った料理としてはベーコンと一緒に炒める料理は栄養バランスも良いので人気があります。またマカロニなどと混ぜたりピザなどにも使われるなどイタリア料理と相性が良いことでも知られています。それ以外にもシンプルに茹でた後に他の野菜とサラダとして食べるとこの成分を効率的に摂取することが出来ます。

ラフィノースの1日の摂取量の目安としては3gから5g程度

ラフィノースの摂取量の目安としてはだいたい1日3gから5gほどとされています。

この量でしたらこの成分を多く含んでいる、キャベツやブロッコリーなどを日常的に食べていれば簡単に摂取することが出来ます。ですが野菜が苦手な方などは摂取することが出来ないので、そのような場合にはこの成分を配合したオリゴ糖などを摂取するといいでしょう。

大腸と肝臓に良い働きをしているラフィノース

ラフィノースは天然成分であるオリゴ糖に存在している成分で、ビートという植物に多く含まれていることが知られています。

この成分は腸内の善玉菌の量を増加させて、悪玉菌を排除する効果があるので、腸内のトラブルを予防することが出来ます。また肝臓のダメージを緩和する効果も確認されているので、大腸や肝臓に不安のある方などは意識して身体に採り入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加