乳酸菌の効果が凄い!ヨーグルト1個で腸内環境が改善!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

95_はちみつよーぐると_re

乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品や、キムチやぬか漬けなど発酵に使われており、私たちの生活に欠かせない存在です。一部の菌は、胃腸など消化器官で働き、悪玉菌の住みにくい環境を作りだし、腸内環境を整えることに役立ちます。また、現在では、トクホとして、生きたまま腸まで届くプロバイオティクスの研究が盛んにおこなわれています。

■生きたまま腸に届く乳酸菌『プロバイオティクス』

乳酸菌の中でも、生きたまま腸に届くものをプロバイオティクス、善玉菌が増えるための栄養源になるものをプレバイオティクスと呼んでいます。初期の研究では、ほとんどの菌は胃で死滅していましたが、研究の結果現在では多くの生きたまま腸で届く菌が発見されました。
納豆や味噌、ぬか漬けなども生きて腸まで届くプロバイオティクスです。

■おならの臭いの原因は悪玉菌だった?

ビフィズス菌に代表される善玉菌は、乳酸や酪酸など有機酸を作り出すものが多く、悪玉菌は大腸菌をはじめとして腐敗臭を作り出し、悪臭の原因となる菌が多くあります。おならが臭いのは、腸内環境が悪く、悪玉菌が多いことが原因なのです。この悪玉菌は、有機酸の多い環境では増えにくいと言われており、体内で乳酸菌が増えると悪玉菌を減らす効果があると期待されています。おならの臭いが気になる人は、乳酸菌を摂って腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことを心がけましょう。

■抗生物質は善玉菌を殺す

病気をして抗生物質を飲んだ後は悪玉菌と一緒に善玉菌も死んでしまい、腸内環境が乱れると考えられています。抗生物質を飲んで便秘や下痢になる人が多いのは、この理由からです。

乳酸菌の摂取方法

乳酸菌は、ヨーグルトやチーズ、乳酸飲料などの発酵乳製品のほかに、キムチや浅漬け、ピクルスなどの発酵植物製品に広く使われており、誰でも気軽に取れるのが魅力です。

ヨーグルト+味噌汁でOK

朝食にヨーグルト、晩御飯にお味噌汁と納豆など、通常の食事でも十分乳酸菌を摂取することができます。ヨーグルトや乳製品を選ぶときは、効果の高い”プロバイオティクス商品”を購入することをおすすめします。“乳製品が苦手”という人は、味噌や納豆などの大豆製品を、逆に”大豆製品が苦手”という人は、ヨーグルトなどの乳製品を摂るなど、自分の食の好みに合わせて、工夫しながら摂るといいでしょう。

料理に使う

ヨーグルトには肉を柔らかくする効果があるため、料理に取り入れるのもおすすめです。例えば、”パサパサ”していて食べにくい鶏の胸肉も、ヨーグルトに漬け込むと、しっとりして柔らかくなります。タンドリーチキンの多くは、鶏の胸肉が使われますが、ヨーグルトや香辛料などで漬けこむことで、肉が柔らかくなり美味しく仕上がるのです。

乳酸菌の宝庫!ヨーグルトの作り方

ヨーグルトは自宅でも簡単に作ることが可能です。牛乳に乳酸菌の種をいれ、一定の温度で保温すると、一日で手作りのヨーグルトが作れます。様々な種で、オリジナルのヨーグルトを楽しむのもいいでしょう。最近では、ヨーグルトだけでなく、ぬか漬けや味噌などの発酵食品を手作りする人も増えています。

乳酸菌の1日の摂取量

乳酸菌は種類によって一日の摂取量が決められています。効果の高いプロバイオティクスは、大体ヨーグルト1個分が理想量と言われています。ヨーグルトを1日1個食べることで腸内環境が整うと考えれば、続けやすいのではないでしょうか?このとき、一度に大量に食べるのは厳禁です。大量摂取は効果は期待できないばかりか、胃腸の弱い人だと逆にお腹を壊してしまうことがあるので、くれぐれも食べすぎには注意しましょう。乳酸菌は毎日無理なく摂取することによって、腸内環境を整える効果が期待できるのです。大切なのは持続することです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加