プロバイオティクスのヨーグルトは少し高いが毎日快便

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13_ヨーグルト_re

葛飾区に住む30代前半の専業主婦です。夫と子供が二人の4人暮らしです。子供は2歳と0歳で、常に相手をしてあげなければいけないので、なかなか自分の時間が持てません。0歳のほうは、まだ授乳しているので、自分の健康面には特に気を使っています。

30過ぎて二人の子を出産してから、急に疲れやすく、肌荒れもひどくなった

30過ぎて子供を二人出産してから、急に疲れやすくなってしまいました。夜中も授乳しているのもあるでしょうが、寝起きも大変悪く、朝も疲れが取れていない状態が続きました。また、風邪もひきやすくなり、すぐのどが痛くなったりしてしまいます。育児に追われてスキンケアを十分にできないということもあり、肌荒れもひどく、シミやしわはもちろん、ニキビが大量にできるようになってしまいました。育児のストレスなども重なり、それまではなかった、便秘にも悩まされるようになりました。

朝必ず果物、昼は簡単野菜たっぷりメニュー、夕飯後にはヨーグルト

子供がいるので、無理せず自分が続けられるような簡単で苦にならない健康法を考え、実行しています。

まず私は、朝はそこまで食べられないし、絶対パンがいいです。なので、朝はパンにおかずはあるもので適当に、そして必ず柑橘系の果物を食べます。主にグレープフルーツが多いですが、ビタミンCが豊富な柑橘系は、肌荒れにもいいし、アレルギーがあり荒れやすい私の肌も改善されるかなと思い、実行しています。

次に、昼は簡単に済ませたいけど、朝の野菜不足を補いたいので、簡単メニューに野菜をたっぷり入れて食べるようにしています。よく作るのはチャーハン、オムライス、うどんです。ピーマン、ブロッコリー、人参などは、鉄分やその他の栄養が豊富なので、細かく切って必ず入れます。また、玉ねぎもよく入れます。

夜も野菜をなるべく沢山使った料理を作り、納豆やひじきなどの食物も意識してとるようにしています。そして、夕食後に必ず、ヨーグルトを食べます。私は朝よりも夜ヨーグルトを摂取する方が体に合っているような気がするのです。そうすると、毎日快便ですし、快便だと肌荒れも少し良くなり、化粧のりも違うような気がします。

夜も野菜をなるべく沢山使った料理を作り、納豆やひじきなどの食物も意識してとるようにしています。そして、夕食後に必ず、ヨーグルトを食べます。私は朝よりも夜ヨーグルトを摂取する方が体に合っているような気がするのです。そうすると、毎日快便ですし、快便だと肌荒れも少し良くなり、化粧のりも違うような気がします。

プロバイオティクスのヨーグルトが、便秘にいいと聞いた

プロバイオティクスとは、生きて腸に届く乳酸菌のことです。これが入ったヨーグルトを夜食べると、朝必ず快便なのです。また、女性は鉄分が不足がちで、それが疲れやストレスにつながると聞いたので、鉄分が豊富に含まれていると聞いた、ブロッコリーや納豆ひじきなどを積極的にとるようにしています。また、これは自分の祖父がよく言っていたのですが、玉ねぎは血液サラサラの効果があるとのことで、よく味噌汁に入れたりチャーハン、オムライスに入れたりしています。祖父は90歳で今だ元気です。柑橘系の果物は、肌あれや、肌が弱い人は食べるとよいと聞きました。

ヨーグルトは毎日快便、柑橘系の果物は安い

まず、プロバイオティクスのヨーグルトは、私に合っているようで、毎朝快便です。ただ、普通のヨーグルトより少し高いです。柑橘系の果物は、いちごなどと比べると、まとめ買いで安く手に入るのかなと思います。また、みかんなどなら摂取もおやつ感覚で簡単にできますし、便利です。ビタミンCのおかげか、冬場は肌が白くなったような気がします。鉄分を意識してとるようになると、時々軽い貧血があったのですが、それがなくなりました。野菜をたっぷりとると、肌荒れや疲れ、胃もたれも減ったようです。サプリメントで手軽に栄養をとることもいいと思うのですが、やはり生の食材から直接摂取するのが、添加物も保存料も入っておらず、体にも一番いいと思うので、なるべくそうしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加