生野菜より温野菜!ヨーグルトと合わせて簡単に便秘解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4_ヨーグルト_re

福岡県で、同い年の夫と幼稚園の年中に通う5歳の男児との3人暮らしをしている、37歳の専業主婦です。11年勤務した会社を出産で退職し、それ以来一度も外で働いていません。そろそろ働きたいと思っているのですが、5年間家で暮らしていたので体力に自信がなく、家庭との両立は難しいような気がしています。

原因不明の疲れ…どんなに寝ても疲労感が抜けず、便秘も

最近、いくら寝ても疲れが取れず、体がだるくて仕方がありません。便秘もひどいです。日中特に疲れるようなことはしていないのに、何故こんな状態が続くのか原因がわからないまま、毎日を過ごしています。休日家族で外出した時などは疲れ果て、帰宅後お風呂に入る気力すらありません。また、便秘も1週間に一度もお通じがない時もあるほどで、これが原因でむくみやだるさが悪化しているような気がします。

野菜嫌いを返上、加熱した野菜とヨーグルトを毎日食べるように

食事を見直したところ、野菜の摂取量が絶対的に少ないことに気づきました。体調が良くならないのはそのせいかと思い、数か月前から野菜を積極的に食べるようにしました。それまでは肉好きの野菜嫌いだったのですが、温野菜や野菜の煮物をたっぷり食べ、その分肉を半分程度に減らしました。また、インフルエンザの予防に良いというR-1ヨーグルトの効果か、食べ始めてからお通じの回数が増え、だんだん不調が治ってきました。

野菜に熱を加えると、せっかくの成分が逃げ出したり、組織が壊れたりするとよく耳にしますが、生野菜よりも量を沢山食べる事ができます。水溶性ビタミンにはビタミンB群とCがありますが、茹でた汁をそのままスープとして利用したり、蒸し野菜にすれば全く問題ないそうです。

また、酵素についても、味噌やしょうゆなどの発酵食品にも含まれているので、野菜の酵素に固執する必要はないと聞きました。さらに、生で食べるのに適した野菜は食物繊維が少ないため、便秘解消にはあまり効果がないのだそうです。

食物繊維と乳酸菌で便秘が解消、肌もきれいに

以前、便秘解消目的でヨーグルトを食べたこともありましたが、当時は全く効果がありませんでした。もしかしたら野菜の摂取量が少なすぎたせいもあるのかもしれません。現在はたっぷりの野菜とR-1ヨーグルトのおかげで便秘が解消しつつあります。普段の食材でしっかり食物繊維や乳酸菌を摂れば、便秘にはならないのだとつくづく実感しました。

本当のところを言えば、野菜は嫌いです。でも便秘が続くと大腸がんのリスクが高まると聞いて、健康のために食べ続けるつもりです。実際、便秘が解消してからは肌もきれいになったし、顔色も良くなった気がします。便秘の時は、便の老廃物や有害物質が血液やリンパ液に溶け出して体内に回ってしまっているそうです。そのため、便をどんどん排出することは健康上絶対に必要なことなのです。

野菜は時に高騰するけれど、病院通いよりずっとマシ

できるだけ色々な種類の野菜を食べたいのですが、季節や天候によって高騰することがあり、それだけは痛いです。しかし、食事で家族全員の健康を守れるのだと思えば、病院通いするよりはずっと安上がりですし、何より精神的な安心度が違います。ヨーグルトも家族3人で1日1個食べるとそこそこの金額になってしまいますが、おかげで家族全員便秘知らず、病気知らずになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加