幻のきのこヤマブシタケで免疫力や記憶力を高めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集中している女性_re

ヤマブシタケで免疫力や記憶力を高めましょう

ヤマブシタケは別名、幻のきのこと呼ばれるほど日本で自生しているものを探すのが困難です。しかしその栄養素だけでなく、味も良いため、日常の食生活に取り入れると良い食材です。

注目すべきはヘリセノンという成分で脳を活性化させる効果があります。他にはβーD−グルカンという成分が含まれており免疫力を調整してくれる効果があります。

ヤマブシタケは物忘れを予防する効果があります

ヘリセノンという成分はヤマブシタケに多く含まれる成分です。この成分は他のきのこや食物には全く含まれない貴重な栄養素です。その健康効果は記憶力の維持や改善に役立てることができます。

ヘリセノンは脳のニューロンの消失を防ぎ、活性化させることができます。若い方でも、年配の方でも世代を問わず同様の効果が期待できます。

ヤマブシタケは体の免疫力を向上させます

ヤマブシタケに含まれるβーD−グルカンという成分は人間の体で作り出すことのできない成分です。食べ物、サプリメントなどで摂取しなければなりません。

βーD−グルカンは免疫力を高めたり、調整してくれる効果があります。具合が悪くなったときに自然に快方に向かうように治癒力を高めてくれるありがたい成分です。また抗酸化作用がありますので、体に侵入してきた不要物を攻撃したり破壊してくれます。

ヤマブシタケで体の酸化を防ぎましょう

ヤマブシタケの栄養成分を最大限に吸収するには生のものより乾燥させたほうが良いです。出汁がとても良くでます。栄養、味ともにベストな状態にするにはお湯ではなく、水につけて2,3時間以上おいておく方法がお勧めです。

また、栄養成分をしっかりとるためには、その出汁を使い好みの野菜や肉などを入れてスープにするのが一番です。

ヤマブシタケの食感を生かして天ぷらにも

乾燥ヤマブシタケを使ったお勧めの料理は天ぷらです。他の野菜と一緒に混ぜてかき揚げにしたり、大葉に巻いて揚げたり、色々なバリエーションがあります。食感は鶏肉に似ておりとても美味しいです。

また、栄養成分をしっかり含んでいる戻し汁も無駄にしないために、その汁を利用して天ぷらのつゆを作ると良いでしょう。

ヤマブシタケの1日の摂取量

乾燥したヤマブシタケの粉末3gを物忘れ等の自覚症状のある人に16週間継続して摂取してもらったところ改善の効果がみられました。免疫力を高めるためにもそれほど多くの量を必要としませんので、無理なく継続して摂取できそうです。

しかし、生では入手が少々困難なところもありますので、乾燥したものを利用されると良いでしょう。

ヤマブシタケは少量でも健康効果がありますので日常に取り入れてみましょう

ヤマブシタケは自然の食材で原産地の中国では古くから薬膳として用いられており、また、味もよいために四大珍味にもあげられているそうです。少量の摂取でも体の免疫力を調整する力と、知的機能の維持・改善に効果を発揮してくれる食材です。

最近風邪をひきやすい、記憶力が低下した、物忘れをしてしまう、など身近な悩みのある方は特に利用してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加