整腸作用や老化を防止!?ヤーコンっていったい何者?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤーコン_re

整腸作用や老化を防いでくれるヤーコンとは?

ヤーコンと言われても何のことかわからない人も多いのではないでしょうか。これは実は野菜の名前であり南米のアンデスが原産地となっています。キク科の根菜であり、旬の時期は11月から2月ごろと冬に食べると美味しい根菜なのです。

ポリフェノールが豊富に含まれており、高い抗酸化作用を持っています。オリゴ糖がタップリと含まれているのも特徴です。

オリゴ糖の塊!?ヤーコンの秘められた栄養とは?

ヤーコンはオリゴ糖の王様やオリゴ糖の塊などと言われており、フラクトオリゴ糖がとても豊富に含まれている野菜です。オリゴ糖には腸内環境を整える働きがあり、善玉菌を増やして悪玉菌を退治してくれる働きがあるのです。

そのためいつもお腹がすっきりとしない方でも食べる事によって、苦しさを改善できる事ができます。

ヤーコンの抗酸化作用で老化も防止できる!?

ヤーコンの葉やイモの部分にたっぷりとポリフェノールが含まれています。このポリフェノールには抗酸化作用があるため、病気や老化の原因となる活性酸素を除去してくれるのです。

いつまでも若々しくいるためには活性酵素を除去することはとても重要です。ストレスが溜まりやすく食生活が不規則である場合には活性酵素も増えやすくなるため、意識して摂取すると改善できやすくなります。

ヤーコンは皮ごと食べると栄養たっぷり!

ヤーコンにはポリフェノールがタップリと含まれています。ポリフェノールを多く含む他の野菜や果物同様に、皮と身の間に栄養が多いので皮はむかずに食べるとたっぷりと栄養を取り入れる事ができるのです。

また生で食べる事ができ、甘味があってシャキシャキして美味しい為千切りにしてサラダにして食べる事ができます。

ヤーコンは短時間の調理が勝負!

ヤーコンはしゃきしゃきと歯触りの良い野菜のため、はさみ揚げなどにしてもとても美味しく食べる事ができます。しかし長時間熱を加えてしまうとオリゴ糖が減少してしまうため熱を加える時間を工夫する必要があります。

調理済みのひき肉などを挟んでさっと揚げると美味しく、そして栄養もたっぷり取ることができるのです。

ヤーコンは多くても200gまでにしよう

ヤーコンにはオリゴ糖を始めとした栄養がタップリと含まれている野菜です。シャキシャキとして美味しい為、つい沢山食べたくなってしまいますが、1日の摂取量は100gから200g以内と言われています。

あまり食べ過ぎてしまうとお腹がゆるくなることもあるため、過剰な摂取には気をつける必要があります。

栄養たっぷりのヤーコンで元気に美しくなろう!

ヤーコンには整腸作用があるオリゴ糖と、ポリフェノールが豊富なので老化や病気の原因となる活性酸素を除去してくれる働きがあります。100gで50kcalと低カロリーなのでダイエットにも利用する事ができます。

食事を改善して便秘の改善や若さを保ちたいという方にも最適な食材であり、また葉にはカリウムなどのミネラルも豊富に含んでいるため血圧が高い方も食べると良い野菜です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加