ビタミンCの宝庫!『ローズヒップ』のスゴい美肌効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ばら_re

ビタミンCの宝庫!ローズヒップとは?

ローズヒップは”ビタミンCそのもの”と呼ばれるほど、ビタミンCが豊富に含まれています。このビタミンCには紫外線の影響を抑えてくれる作用があることから、美肌や美白効果が期待されています。暑い夏の紫外線で、日焼けや肌の調子が気になる女性の方に大変おすすめの成分といえるでしょう。

熱に強い!ローズヒップのビタミンCがスゴい!

ローズヒップはビタミンCが豊富に含まれていることで有名ですが、含有量が多いだけではありません。通常ビタミンCは、水溶性のビタミンなので、熱に弱い特徴があるのですが、ローズヒップに含まれるビタミンCは、酵素やビタミンPの働きのおかげで、熱を加えても壊れにくいことが判明しています。そのため、熱湯を加えるハーブティーでも安心して飲むことができます。

また、ビタミンCというと、レモンなどのかんきつ類、野菜、果物などに含まれていて、切ったり料理したしする手間がかかるものです。しかし、ハーブティーなら熱湯を注ぐだけなので、忙しい方でも気軽に摂れます。また、味にクセがないことから、若い人から老人の方まで摂ることができるのも人気に理由です。ビタミンCを効率よく手軽に摂る方法として覚えておくといいでしょう。

ビタミンCで紫外線を抑制!『美肌効果』

肌荒れや肌の老化は日々の環境やストレスで起こってしまうものです。毎日のケアが大事ですが、正直面倒くさい・・・と感じる方が多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのがローズヒップティーです。ローズヒップに含まれるビタミンCには紫外線を抑制したり肌を再生させる作用があります。つまり、ローズヒップティーを飲めば、肌の栄養補給ができるのです。ローズヒップティーでビタミンCをたくさん取り入れて、肌の健康やバランスを整えましょう。

ハーブティーやジャムが人気!ローズヒップの摂取方法

紅茶

ローズヒップといえば紅茶をイメージする人も多いことでしょう。美しい色味や効能、甘酸っぱい美味しさから、ローズヒップの紅茶は大変人気があり、最近では気軽に飲めるTパックタイプなども売られています。

ローズヒップに含まれるビタミンCは熱にすごく強いので、紅茶にしても栄養が消えてしまうことはありません。また、冷たくても温かくても美味しいので、夏はアイス、冬はホットで飲むのもいいでしょう。季節に応じて温度を調節できるので、継続しやすく、効率よく成分を摂り入れることができます。

ローズヒップティーはそのままでも美味しいですが、紅茶や他のハーブティーとブレンドするのもおすすめです。ハーブティーのお店にいくと、既にブレントしてあるものも売られているので、一度見てみるといいでしょう。また、はちみつやメープルシロップを入れると甘さが増して酸味がマイルドになります。

ジャム

ローズヒップは熱に強いことから、加熱調理した食品からでもしっかり栄養を摂ることができます。中でもおすすめはジャムです。ジャムにしてしまえば、そのまま食べることもできますし、朝食にパンやヨーグルトを食べる方は、パンに塗ったり、ヨーグルトにかけてれば、毎日ローズヒップの成分を摂ることができます。また、紅茶に入れれば、甘味料の代わりにもなるだけでなく、ローズヒップの香りが加わりとても美味しい紅茶になります。

ローズヒップの1日の摂取量とは?こまめに飲むことを心がけて!

ローズヒップの1日の摂取量は300mgといわれています。これは、ローズヒップティーを水筒などのボトルに入れて、ちょっと喉が渇いたときや、仕事や学校の休憩時間に飲むなどしていれば無理なく摂れる量です。持ち運ぶ習慣をつけて、1日300mgとることを心がけましょう。

?????????ビタミンCの宝庫!『ローズヒップ』のスゴい美肌効果とは?

ビタミンCの宝庫!ローズヒップとは?

ローズヒップは”ビタミンCそのもの”と呼ばれるほど、ビタミンCが豊富に含まれています。このビタミンCには紫外線の影響を抑えてくれる作用があることから、美肌や美白効果が期待されています。暑い夏の紫外線で、日焼けや肌の調子が気になる女性の方に大変おすすめの成分といえるでしょう。

熱に強い!ローズヒップのビタミンCがスゴい!

ローズヒップはビタミンCが豊富に含まれていることで有名ですが、含有量が多いだけではありません。通常ビタミンCは、水溶性のビタミンなので、熱に弱い特徴があるのですが、ローズヒップに含まれるビタミンCは、酵素やビタミンPの働きのおかげで、熱を加えても壊れにくいことが判明しています。そのため、熱湯を加えるハーブティーでも安心して飲むことができます。

また、ビタミンCというと、レモンなどのかんきつ類、野菜、果物などに含まれていて、切ったり料理したしする手間がかかるものです。しかし、ハーブティーなら熱湯を注ぐだけなので、忙しい方でも気軽に摂れます。また、味にクセがないことから、若い人から老人の方まで摂ることができるのも人気に理由です。ビタミンCを効率よく手軽に摂る方法として覚えておくといいでしょう。

ビタミンCで紫外線を抑制!『美肌効果』

肌荒れや肌の老化は日々の環境やストレスで起こってしまうものです。毎日のケアが大事ですが、正直面倒くさい・・・と感じる方が多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのがローズヒップティーです。ローズヒップに含まれるビタミンCには紫外線を抑制したり肌を再生させる作用があります。つまり、ローズヒップティーを飲めば、肌の栄養補給ができるのです。ローズヒップティーでビタミンCをたくさん取り入れて、肌の健康やバランスを整えましょう。

ハーブティーやジャムが人気!ローズヒップの摂取方法

紅茶

ローズヒップといえば紅茶をイメージする人も多いことでしょう。美しい色味や効能、甘酸っぱい美味しさから、ローズヒップの紅茶は大変人気があり、最近では気軽に飲めるTパックタイプなども売られています。

ローズヒップに含まれるビタミンCは熱にすごく強いので、紅茶にしても栄養が消えてしまうことはありません。また、冷たくても温かくても美味しいので、夏はアイス、冬はホットで飲むのもいいでしょう。季節に応じて温度を調節できるので、継続しやすく、効率よく成分を摂り入れることができます。

ローズヒップティーはそのままでも美味しいですが、紅茶や他のハーブティーとブレンドするのもおすすめです。ハーブティーのお店にいくと、既にブレントしてあるものも売られているので、一度見てみるといいでしょう。また、はちみつやメープルシロップを入れると甘さが増して酸味がマイルドになります。

ジャム

ローズヒップは熱に強いことから、加熱調理した食品からでもしっかり栄養を摂ることができます。中でもおすすめはジャムです。ジャムにしてしまえば、そのまま食べることもできますし、朝食にパンやヨーグルトを食べる方は、パンに塗ったり、ヨーグルトにかけてれば、毎日ローズヒップの成分を摂ることができます。また、紅茶に入れれば、甘味料の代わりにもなるだけでなく、ローズヒップの香りが加わりとても美味しい紅茶になります。

ローズヒップの1日の摂取量とは?こまめに飲むことを心がけて!

ローズヒップの1日の摂取量は300mgといわれています。これは、ローズヒップティーを水筒などのボトルに入れて、ちょっと喉が渇いたときや、仕事や学校の休憩時間に飲むなどしていれば無理なく摂れる量です。持ち運ぶ習慣をつけて、1日300mgとることを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加