肌、髪、爪の美しさを保つビタミンB2で永遠の女子力をつける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

98_美肌_re

8種類あるビタミンB群の中でも、群を抜いて美容に効果的なのがビタミンB2。脂肪燃焼効果のほか、細胞レベルで新陳代謝を促し、肌の再生や髪や爪、さらには目の粘膜までも健康に保ってくれるのです。

艶ある皮膚や髪、爪が手に入る!

人間にとって大切な栄養素、糖質・脂質、たんぱく質の代謝を促し、エネルギーに変える酵素。その働きを助けるのが補酵素であるビタミンB2です。皮膚や髪、爪などの様に日々成長を続ける体の一部にエネルギーを補給して、若々しさを保つのもビタミンB2の役目。また口の中の粘膜や舌の細胞にも同じように作用するので、口内炎の予防にも効果的です。

発がん性物質をやっつける!

体を酸化させる張本人、活性酸素。コレステロールや中性脂肪などの脂質がこの活性酸素により酸化されると、過酸化脂質という動脈硬化やガンの原因になる恐ろしい物質へと変化します。ビタミンB2がもつ代謝促進の働きは、このような過酸化脂質の分解にも効果があります。さらに過酸化脂質の生成を防ぐビタミンEを同時に摂取すれば、さらなる予防効果も期待できますよ。

牛・豚レバーなら1日わずか50g!

牛や豚のレバーに豊富に含まれているビタミンB2。その量は100gに3~3.6㎎と言われています。これは1日の摂取目安量のおよそ2倍。つまりこれらのレバーを50g食べるだけで1日の摂取量が賄えるのです。その臭みが苦手な方は、しばらく牛乳につけることで解消できます。粉を振って、玉ねぎやニラなどと炒めれば、簡単にニラレバ炒めに変身。またレバーの煮付けを作っておけば保存も効き、毎日料理する手間も要りませんよね。

たまにはインスタントラーメンも

健康に悪いイメージが先行するインスタントラーメンですが、実はビタミンB2が多く含まれていることをご存じでしょうか。その量100gに対し1.6㎎。なんと納豆300gにも匹敵する量なのです。インスタントラーメン1つに含まれるビタミンB2の量は、ちょうど1日の必要摂取量。

もちろん、インスタントラーメンだけだと栄養に偏りが出てしまうので、様々な野菜と組み合わせることも大事です。忙しい時には、ビタミンB2補給と割り切ってインスタントラーメンを食べるのもよさそうですね。

1日の摂取目安量1.6㎎は3食トータルなら無理じゃない!

成人男性が1日に摂取して欲しいビタミンB2の量は、1.6㎎。レバーだと50g、ハツには180g、マイタケだと300gが必要です。1つの食材から摂取するのは大変なので、あらゆる食材を組み合わせることが大切です。レバー類だけでなく、卵や魚、海苔などにも多くのビタミンB2は含まれています。これらの食材を3食通してトータルで摂取できるよう、心がけていきましょう。

若さと美しさの維持はビタミンB2摂取から

肉や魚、海藻類と様々な食材に含まれるビタミンB2。熱にも強いので、色々な料理にアレンジできます。ただ、水溶性ビタミンなので長く水に浸さないように気を付けましょう。ビタミンB2は髪や肌、爪など女性らしさを感じさせる部分の美しさを保つビタミン。さらに脂肪燃焼や代謝促進の効果もある優れた栄養素です。いつまでも若々しく健康であるために、発育のビタミンと呼ばれるビタミンB2を積極的に摂取することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加