肌や髪がみるみるツヤツヤに!ビタミンB2が細胞レベルで再生させる!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康な女性_re

数あるビタミンB類の中でも『発育のビタミン』と呼ばれるビタミンB2。人間の成長を促し、皮膚や粘膜、そして髪の毛や爪などの生まれ変わりに細胞レベルで関わっています。また、植物性食品よりも動物性食品に多く含まれるのが特徴。過剰摂取による副作用がほとんどないのも特徴です。

成長を手助けするビタミンB2

人間が生きていくうえで必要な三大栄養素、たんぱく質・炭水化物・脂質。これらがうまく体に吸収されるためには、酵素による体内での消化や分解が必要です。その酵素の働きを助けるのが、補酵素であるビタミンB2。ビタミンB2の働きにより、栄養は体へ吸収され、代謝は高まります。その結果、細胞の再生や成長が促進されるのです。

ニキビはビタミンB2摂取で解消できる!?

女性にとって気になるのが突然の肌荒れ。紫外線などの外的ダメージも考えられますが、睡眠不足など内的要因が原因の肌荒れは、代謝の低下が関係しています。特にニキビは、代謝が低くなり皮脂が過剰に分泌されることによっておこるもの。そんな代謝の低下による肌荒れに悩んだら、摂取して欲しいのがビタミンB2です。代謝を高めるビタミンB2は、皮脂の分泌さえ正常に保ちます。もちろん、その効果は皮膚だけではなく、髪の毛や爪、目の粘膜までも健康に保ってくれるのです。

レバーにたっぷりビタミンB2!

肌あれを防いで髪の毛や爪、目の健康まで保ってくれるビタミンB2。どんな食材に含まれているか、とても気になりますよね。このビタミンB2を多く含む食品として、代表的なのものがレバー。中でも豚レバーと牛レバーが含むビタミンB2の量は、他の食品に比べるとダントツに多いのが特徴です。下ごしらえに手間のかかるレバーですが、牛乳に漬けてしばらく置くことで臭みもすっかり和らぎます。煮付けはもちろん、から揚げや、焼き物など工夫次第で美味しくいただくことができますよ。

納豆ならビタミンB2と良質なタンパク質を同時に摂取!

どうしてもレバーや肉類は食べられない、という方におすすめなのが納豆です。レバーほどではありませんが、豊富なビタミンB2が含まれています。しかも、納豆の原料である大豆は畑の肉とも呼ばれています。その良質なたんぱく質とビタミンB2を同時に摂取できるなら、皮膚や髪、爪などのたんぱく質の組織の再生や成長の促進にさらに良い効果が期待できそうです。

1日1.5㎎の摂取を目標に

推奨されているビタミンB2の1日の摂取量はおよそ1.5㎎。年齢や男女別によって0.2㎎程度の増減はありますが、大体この程度の量だと考えておきましょう。例えば、牛や豚のレバーだと50g、鶏レバーは100g程度がこの量です。他にもビタミンB2を含む食材は様々です。いろんな食材を組み合わせて、1日1.5㎎のビタミンB2摂取を目指しましょう。

年齢を感じさせない肌や髪を保つために

代謝を高め、肌や粘膜を健やかに保ってくれるビタミンB2。水溶性ビタミンなので、過剰摂取しても尿として排出され、何ら副作用の問題がありません。成長過程にあるお子さまや、妊娠中の方、肌や髪、目の健康が気になりだした方にはぜひ意識して摂り入れてほしい栄養素です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加