抜け毛が気になる男性に朗報?バナナ酢で髪も身体も健康に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛_re

北海道で両親と三人で暮らしている、47歳の独身サラリーマンです。法律系の専門職をしていて、仕事の性質上土曜も日曜もありません。高校を卒業してからは運動に縁がなく、すっかり太ってしまいました。何度もダイエットに挑戦しています。

30代のころから抜け毛が増え、AGAを発症

ほとんどの男性が悩むAGA(男性型脱毛症)。自分も、30代に入ってからその兆候が現われました。枕に抜け毛がたくさんついている、梳かすとごそっと抜ける、シャンプー後抜け毛が洗い場にたくさん落ちている…。まだ30代だからと自分をごまかしているうちに他人から見てもはっきりわかるようになり、ついに親から指摘されて鏡を見たら、地肌が見えるほど抜け毛が進んでいたのです。

女性に比べて髪の生え際や頭頂部の髪が抜けやすいのは、その部分を男性ホルモンが司っているからだそうです。とはいえ、男性ホルモン(テストステロン)自体は育毛作用があるホルモンです。問題は、これがDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な抜け毛促進ホルモンに変化してしまうこと。原因の一つに食生活の乱れがあるとされ、特に脂ものをよく食べて肌が脂ぎっている人にDHTが多いといわれています。

バナナ酢が髪に良いと聞き、試しています

髪にいいといわれることを色々と試してきて、最近試しているのが「バナナ酢」です。バナナを切って酢に浸けておくだけなので、簡単です。そのバナナ酢を、毎日、お風呂上がりに小さじ~大さじ1杯ほど、水で割って飲むようにしています。

バナナの甘みとお酢の酸味がマッチしてそのままでも飲めるのですが、一度に大量は作れないので少しずつ飲んでいます。

バナナ+酢+黒砂糖の成分が抜け毛に効くらしい

バナナ酢が抜け毛にいいと何かで知りました。バナナにはビタミンB6が豊富に含まれていて、たんぱく質の合成を助けてくれるということでした。髪の8割から9割はケラチンと呼ばれるたんぱく質なので、髪に良いのだそうです。また、女性ホルモンの一種エストロゲンの代謝を助けてバランスを整えるといわれ、このホルモンは育毛に関わっているということです。

また、味付けに使用する黒砂糖には亜鉛が含まれていて、これもバナナと同様たんぱく質の合成を助け、さらに女性ホルモンの分泌を活性化してくれるのだそうです。亜鉛が男性用育毛剤に必ず含まれていることからも、何かしらの効果がありそうです。

酢、特に黒酢にはイノシトールという成分が含まれていて、これが神経細胞に栄養を与えます。毛母細胞の働きを調整する作用がわかっていて、頭皮を健康にし、抜け毛を防ぐと考えられているそうです。そのほか、バナナに含まれるカリウムに解毒作用があり、酢の抗酸化作用で血液の流れを良くすることも育毛に良いそうです。

我が家ではバナナのほか、柑橘系の果物をよく食べます。最近になって柑橘系の皮に育毛効果があることがわかったそうで、マーマレードなどにして食べると良いのかと考えています。果物はビタミンCも豊富なので、地肌の新陳代謝にも良いと思っています。

バナナ酢の育毛効果は…?でも、抜け毛は減った気がする

バナナは一年中手に入るものですし、価格も安定しています。酢も安く、どこの家庭にもあるものですから、黒砂糖さえ購入すればバナナ酢は簡単にできます。バナナ1本を輪切りにして、黒砂糖100gと一緒に容器に入れ、上から酢200mlを注いで2~3日で出来上がり。電子レンジを使用すれば、半日くらいだそうです。砂糖で作ることもできます。

今のところ、バナナ酢が育毛に効果があるのかはわかりません。ただ、地肌の見え方からすると抜け毛は進んでいないようです。また、バナナも酢も体に良いものですし、バナナ酢といえば快便と美肌で有名です。それだけでも健康になりますから、髪に効果がなくても十分かな、とも思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加