うるめいわしは栄養価が高いヘルシーな食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

131_ウルメイワシ_re

うるめいわしは体を健康に保つ栄養素が豊富です

うるめいわしは、栄養価が高くヘルシーな食品として、昔から日本の食卓によく登場してきた魚ではないでしょうか?特にカルシウムとその吸収を高めるビタミンDが両方含まれているので、特に中高年の方や成長期のこどもにはおすすめの健康食材です。またDHA・EPA、コエンザイムQ10など健康によい成分がたくさん含まれています。

コエンザイムQ10:エネルギーの生産を助ける、抗酸化作用

うるめいわしには、コエンザイムQ10が含まれています。コエンザイムQ10は全身のあらゆる細胞に存在し、エネルギーの生産を助ける役目をしています。また強い抗酸化作用で、活性酸素から細胞膜が酸化するのを防ぐ働きをします。動脈硬化などの生活習慣病の予防や、エネルギーの代謝が良くなるので冷え性やダイエットなどにも効果が期待されています。

DHA:血流の促進、炎症を鎮める

うるめいわしには、DHAという成分が含まれています。不飽和脂肪酸の一種で、コレステロール値を下げ血流を促進する効果があります。脳梗塞や脳血栓の予防に効果を発揮する成分で、血圧が高めの方は積極的に取り入れたい成分です。また、炎症を鎮める効果があり、アレルギーの症状を和らげる効果が期待されています。

EPA:コレステロール低下、血液をさらさらにする

うるめいわしに含まれるEPAは、不飽和脂肪酸の一種で血液をさらさらにし、血栓ができるのを予防する効果があります。血液の中の悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やす働きをします。記憶力を高めたり脳の働きを活発にするので、物忘れや認知症の改善に効果が期待される成分です。

メチオニン:肝機能の改善、育毛

うるめいわしに含まれるメチオニンという成分は、肝臓の健康を維持するのに欠かせない栄養素で、脂肪肝を防ぎ肝臓の機能を向上させる効果があります。またメチオニンは、美白効果があることで知られるシスティンの原料になります。しかしこのシスティンは、飲酒や眼精疲労などで消費をしてしまうので、食品などで補う必要があります。

ビタミンD:カルシウムの吸収を助ける

うるめいわしはビタミンDを豊富に含んでおり、「泳ぐカルシウム」といわれるほどカルシウムも豊富な魚です。歯や骨の元になるカルシウムと、そのカルシウムの吸収を助けるビタミンDが一緒に含まれた優れた食材なのです。ビタミンDは、小腸や腎臓でカルシウムやリンの吸収を促進し、血液中のカルシウムの濃度を調節して骨の健康を守っています。

うるめいわしを使った主な料理

うるめいわしを使用した代表的な料理は、甘露煮、塩焼き、刺身、たたき、フライなどがあります。健康効果が高い食材で低価格なので、昔から食卓に出されている食品です。特に醤油などの調味料と相性が抜群で、どんな調理法でもご飯に良く合うおかずになります。体によい成分が豊富に含まれており、たくさん食べたい栄養食品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加