美肌にも効果あり!ウーロン茶の脂肪燃焼効果は、『ウーロン茶ポリフェノール』のおかげだった!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウーロン茶_re

中華料理や焼き肉などの脂っこい食べ物に欠かせない飲み物といったら、“ウーロン茶”ですよね。以前、ダイエットに効果がある、と言われて以来、日本での人気も定着化。コンビニエンスストアの飲み物コーナーや自動販売機にも、常にラインナップされているほど、私達にとっても馴染みの深い飲み物です。

特に脂肪の吸収を抑える効果が注目されがちなウーロン茶ですが、これはウーロン茶に含まれる『ウーロン茶ポリフェノール』の効果のひとつ。さらに美容と健康にも良い影響を与えています。

ウーロン茶ポリフェノールが体脂肪の吸収をブロック!

現代人の食生活は、カロリーや脂質が高いものに偏りがちです。皆さんの中にも、心当たりがある人がいるのではないでしょうか。ただそんな生活が、体に良いはずがありませんよね。そこで、体への脂肪の吸収を抑えるために摂取したいのが、ウーロン茶ポリフェノールです。通常、摂取した脂肪分は小腸に入り、“リパーゼ”という酵素に分解されて、体内へ吸収されます。

しかしウーロン茶ポリフェノールには、リパーゼのはたらきを阻害するチカラがあるので、体内への脂肪の吸収を抑えることができるのです。脂っこいものを食べる時にウーロン茶を飲むと、サッパリするのはこのためだったのですね。

緑茶よりも多い!?カテキン量!

皆さん、“カテキン”という名前を聞いたことがありますか。そう、風邪予防や脂肪吸収を抑える効果がある、あの健康成分。緑茶に含まれていのは、よく知られていますよね。実はこのカテキンも、ウーロン茶ポリフェノールのひとつです。しかも、緑茶よりも含有量が多いそう。というのも、緑茶とウーロン茶の原料は、もともと同じ茶葉ですが、ウーロン茶は製造過程で茶葉を発酵させます。

その時にカテキンの含有量がアップするのです。また、ウーロン茶ポリフェノールには、通常のポリフェノール同様に美肌効果や抗酸化作用も期待できるので、飲むだけで美容に健康に、と嬉しい効果を一度にゲットできますよ。

脂肪吸収を抑えたいなら、食事中か食後に飲むべし!

ウーロン茶ポリフェノールを摂取するためには、ウーロン茶を飲むのが一番の近道です。そして大切にしたいのは、飲むタイミング。摂取した脂肪分の吸収を抑えたいなら、“食べたものが胃の中にある時に”ウーロン茶を飲みましょう。つまり、体脂肪を蓄積させないために飲むべきタイミングは、食事中や食後なのです。

体脂肪を燃やしたいなら、運動前に飲むべし!

ウーロン茶ポリフェノールに体脂肪燃焼効果を期待するなら、ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動の前に飲むことをおすすめします。飲むだけで、基礎代謝はアップし、体脂肪がメラメラと燃え始めます。また、最近よく見かけるようになった“黒ウーロン茶”は、通常のウーロン茶よりも脂肪吸収を抑えるもの。自分の体と相談して、より適したものを選んでくださいね。

目安は1日コップ3~4杯のウーロン茶

スリムな体を目指すためにも、早速摂取したいウーロン茶ポリフェノールですが、カフェインも多く含まれているので、飲み過ぎは体に良くありません。摂取目安は、1日に600~800㎎。これを3~4回に分けていただきましょう。また、痩身効果を期待するなら、体を冷やさないためにもホットで飲むことをおすすめします。

ウーロン茶で美容と健康を手に入れよう!

私達にとって馴染みの深い飲み物“ウーロン茶”。日本でもっとも親しまれている中国茶、と言っても過言ではないですよね。痩身効果ばかりが注目されていますが、抗酸化作用もあるので、高い美容と健康効果も期待されています。

また、緑茶に豊富に含まれている、と言われることの多い健康成分“カテキン”ですが、それ以上に豊富に含まれているのが、ウーロン茶。沢山の美容と健康効果が詰まったウーロン茶。明日からは、迷いなくウーロン茶をお供に選ぶことになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加