豊富な栄養素にびっくり!!レバーに期待できるこれだけの健康効果!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

214_鶏レバー_re

何となく体にいいことは分かっていても、面倒な下処理や独特の臭みのせいで、鶏の“レバー”が苦手な人は多いのではないでしょうか。しかし、レバーに詰まっているのは豊富な栄養素。少しくらい臭みがあっても、下処理が面倒でも、これを知れば食べたくなること間違いありません!?

ビオチンで抜け毛や白髪を予防!

鶏レバーに豊富に含まれているのが、ビタミンB群の一種である“ビオチン”です。このビオチンは、たんぱく質の材料であるアミノ酸の代謝に関わる成分。万が一、不足すると脱毛や白髪などを引き起こしてしまうことも。さらに、ビオチンには皮膚や粘膜を健康に保つ効果もあるので、積極的に摂り入れることで、皮膚炎や口内炎の改善も期待できます。

体脂肪の蓄積を防ぐモリブテン

私たちが生きていく上で欠かせない、必須ミネラルのひとつ“モリブテン”も、鶏レバーに含まれている栄養素のひとつです。摂取した炭水化物や糖質を、エネルギーに変換し、体内への脂肪の蓄積を防止するのがモリブテン。また体内に摂り入れた鉄分を速やかに代謝するはたらきもあるので、特に女性に多い貧血の悩みの解消にも役立つことができるのです。

パンテトン酸でストレス緩和

多かれ少なかれ、ストレスは誰もが抱えているもの。このような現代人にとって避けることができないストレスを、鶏レバーに含まれている“パントテン酸”を摂取して緩和してみませんか。というのも、パントテン酸は、ストレスへの抵抗力を高める副腎皮質ホルモンの分泌を促進するはたらきがあるから。これにより、血糖値が上がり、ストレスに強い身体づくりが期待できるのです。

亜鉛で見た目年齢に差をつける!

体内細胞の新陳代謝に大きく影響している“亜鉛”も、鶏レバーには含まれています。特に育毛や美肌には欠かせないミネラル分。継続的に摂取することで、効果が期待できると言われています。また、最近叫ばれているのが、亜鉛不足です。不足すると、髪にツヤやハリが無くなったり、爪が乾燥し元気が無くなったり、と見た目年齢に差がついてしまうことも。

さらに亜鉛不足は、味覚障害の原因にもなるもの。食事を美味しくいただくためにも、亜鉛を積極的に摂り入れていきましょう。

ビタミンB12は“造血のビタミン”!

別名『造血のビタミン』とも呼ばれている“ビタミンB12”も、鶏レバーに含まれています。その名のとおり、赤血球を作りだすビタミンB12は、貧血の人ならぜひ摂取して欲しい栄養素。また、質のいい睡眠をサポートする役割も期待できるので、睡眠不足で悩んでいる方、不規則な生活リズムで疲れている人は、積極的に摂取しましょう。

鶏レバーで作ってみよう!

鶏レバーを使った料理は数多くありますが、中でも手軽にできるものといったら、焼き鳥ですよね。独特の臭みが気になる方は、ショウガなどと一緒に甘辛く煮込んだり、ショウガ醤油に漬けこんでから、から揚げにすることで、グンと食べやすくなります。また、ニラレバ炒めなどの炒めものを作るときは、事前に牛乳などにレバーを漬け込めば、臭みを消せて、さらなる美味しさアップが望めますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加