トマトはリコピンたっぷりでアンチエイジング、料理にしてもオールマイティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14_tomato_re

トマトの栄養素はリコピン、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、食物繊維

トマトの調理法はオールマイティです。生のままかじっても、温めてスープにしても、ジュースにしてもOK。野菜不足を感じたときに野菜ジュースを飲むときには必ず入っている野菜といえます。たっぷりの栄養素が入っていて、抗酸化作用が高いため、アンチエイジングや生活習慣予防にも注目されている食材です。品種改良されたフルーツのような甘みをもつものもあり、食べやすくなっています。

リコピン:生活習慣病の予防や老化抑制

トマトの赤はカロテノイドと呼ばれるリコピンの色です。ファイトケミカルスと呼ばれる抗酸化作用物質がたっぷり含まれており、悪玉コレステロールの酸化を防いでくれます。美白美肌効果もあり、血液をさらさらにしてくれます。血行がよくなりますので代謝もアップします。生のものを利用するよりも加工品や油で調理したものを摂取するほうがリコピンの吸収力が高まります。

ビタミンC:美肌効果や風邪予防

トマトに含まれるビタミンCは1個で1日の必要摂取量の半分が摂取できるといわれるほど豊富です。紫外線や温度などのストレスから身を守るためにビタミンCが豊富に含まれているといわれています。免疫力を高めてウイルスから体を保護してくれます。目やのどの粘膜を保護し強化してくれます。シミやそばかすなどを予防してくれます。

ビタミンE:老化抑制、肥満防止

トマトはカロリーが低いので肥満防止になりますしダイエットにも最適です。ビタミンEが豊富に含まれており、性ホルモンの生成を助けてくれますので生殖機能を保護し、老化防止に役立ちます。ビタミンEは高血圧を抑制し、コレステロールを抑えてくれます。ビタミンEには抗酸化作用がありますので老化の原因となる活性酸素を抑制してくれる働きがあります。

カリウム:高血圧の予防、夏バテ防止

トマトに含まれるカリウムはジュース1杯飲むだけで1日の必要摂取量の3分の1をクリアできるほど豊富だといわれています。カリウムは筋肉細胞にも含まれ、筋肉の収縮やエネルギーの再生に役立ちます。カリウムを多く取ると汗とともにナトリウムが排出されますので血圧を下げ、高血圧を予防することになります。

βカロテン:老化防止、風邪予防

トマトにはリコピンの他にカロテノイドのβカロテンも多く含まれています。抗酸化作用が強く、老化防止に役立ちます。目や皮膚を健康に保ち、風邪の予防にも効果があります。βカロテンは白内障の予防に効果があります。体内でビタミンAに変化し、老化や動脈硬化、アレルギー防止に効果があり、疲労を軽減するともいわれています。

トマトを使った主な料理

トマトサラダ、ミートソース、ジュース、煮込みなどそのままでも加熱してもスープやジュースにしてもおいしく頂くことができます。世界中で愛されている野菜でレシピも多く、どんな食材とも相性がよいので幅広く利用されています。糖度が高いものをそのままフルーツのように食べたり、高血圧の人のためにカリウムが少な目に品種改良されたものなどが販売されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加