化粧品成分の「トコフェロール」はビタミンE!外から中から摂ってアンチエイジング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

64_老化_re

化粧品を購入する時、何を目安に選んでいますか?行きつけのお店がある人ならサンプルをいただけますが、化粧品ジプシー状態だとせいぜい店頭のテスターを使うくらい。でも1回のテスター使用では何もわかりませんよね。そんな場合、目が行くのが成分です。でも実際にはカタカナのオンパレードで、やっぱりよくわからない…そんな場合に注目してほしい成分が、「トコフェロール」です。

「トコフェロール」とは

トコフェロールは簡単にいうとビタミンEのことです。黄色っぽい粘りのある脂溶性の液体で、油のほかアルコールにも溶けやすいという特徴があります。食品に含まれる場合はビタミンE、化粧品にはトコフェロールという名称を使うのが一般的です。

「トコフェロール」の効能・効果

抗酸化作用

化粧品によく使われるのは、脂質の抗酸化作用が強いからです。防腐剤として入っているものもあるほど強力です。活性酸素がコレステロールや中性脂肪によって過酸化脂質になるのを防止し、肌荒れを防いでくれます。また、お肌のターンオーバーを正常にするので、不要な角質を取れやすくして美肌に近づけてくれるのです。なお、活性酸素には広義で9種類あると言われ、その中で最も酸化力が強く老化を招くヒドロキシルラジカルを除去できるのがトコフェロールだと言われています。

抗炎症作用

トコフェロールには炎症を鎮め、赤みを抑える作用があります。ニキビの痕が赤いのは、内部で炎症が続いているからですが、トコフェロールをその部分につけると脂溶性のため浸透が早く、治りやすくなります。その他、日焼けや肌荒れなどのかさついた肌にも有効です。また、紫外線によるお肌のダメージを防ぐので、シミやそばかすにも効果があると言われています。

「トコフェロール」入りの化粧品を選ぶ時には

多くの化粧品に含まれていますが、できるだけ配合率の高いものを選ぶには、成分表示を確認しましょう。配合してある量が多いものから順番に記載することが決められているため、前のほうに書いてあるものほど良いのです。また、「ビタミンE誘導体」「トコフェリルリン酸Na」と書かれているものは、本来脂溶性のトコフェロールを水溶性にしたもので、さらに浸透力が高まると言われています。特に夏場などベタベタした感じが嫌な時は、こちらのほうが良いでしょう。

また、トコフェロールを主成分としたクリーム、軟膏が市販されていますので、少しでも早くお肌の調子を整えたい場合はこちらを使いましょう。

トコフェロールを食材で摂るには

ビタミンE(トコフェロール)は「若返りのビタミン」と呼ばれるほど、アンチエイジング効果の強い成分です。お肌を外側からだけでなく内側からも守るために、ぜひ食事にも取り入れましょう。ビタミンEには以下の効能・効果があると言われています。

  • 老化防止
  • 生活習慣病予防
  • 血流改善
  • 美肌

ビタミンEはすべての植物油に含まれていますので、ダイエット中だからといって油を過剰に制限するとお肌がボロボロに。少しずつで良いので、必ず油を使用して下さい。また、ナッツ類にはビタミンEが豊富に含まれていますから、毎日少しずつ食べると良いでしょう。

ビタミンEの1日の摂取量は、大人で6.0μg~6.5μgと言われていますが、この100倍摂っても問題はないと言われています。過剰摂取は軽度の肝障害や筋力低下、血液凝固作用低下などがありますが、よほどのことがない限りそういった状態になることはありませんので、安心して摂取して下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加