発汗と脂肪燃焼でダイエット!トウガラシを有効に活用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

96_唐辛子_re

トウガラシといえばダイエットに良いと言われる食材ですが、その理由は辛味成分であるカプサイシンに新陳代謝を高めたり脂肪燃焼効果があるとされているからです。今回は、カプサイシンの働きを中心に、トウガラシについてまとめました。

トウガラシとは

トウガラシはナス科の植物で、ピーマンと同種です。メキシコが原産地とされていて、紀元前6500年頃には既に使用されていたようです。欧米に広がったのは1500年前後で、日本には1600年頃中国から入って来たのではないかと言われています。

数千種類あるとも言われていますが、日本で手に入るのは赤トウガラシが主で、鷹の爪などを除けば比較的穏やかな辛味です。世界中で辛味を高めた品種の栽培が盛んにおこなわれており、カプサイシンの量を測定した「スコヴィル値」で辛さを判定します。ハラペーニョは8,000程度、日本の鷹の爪は40,000~50,000、ハバネロが250,000~450,000程度ですが、世界最高と呼ばれるキャロライナ・リーパーは約3,000,000スコヴィルと言われています。

トウガラシのカプサイシンとは

カプサイシンは、唐辛子に含有のアルカロイドという辛味成分です。脂溶性で油やアルコールによく溶け、がん細胞や腫瘍の成長を抑える効果があるとされています。

発汗作用

カプサイシンは体内に入ると脳を刺激し、アドレナリンを活発に分泌します。交感神経を興奮させ、発汗作用を促進します。そのため、寒い時は体を温め、暑い時は汗をかいて体温を下げるという、両方の利用法が出来るのです。ただ、摂り過ぎは脳への刺激が強すぎるため、注意が必要です。韓国人特有の精神疾患に「火病」というものがあります。パニック障害や睡眠障害、ウツなどがその症状ですが、これはトウガラシの過剰摂取によるものだと言われています。

体脂肪燃焼作用

また、体脂肪を燃焼させるので肥満防止の効果があると考えられています。カプサイシンを摂って体が温かくなって来た時を見計らって入浴したり運動すると、発汗作用と脂肪燃焼作用により、エネルギーを効果的に消費することができます。ただし、その後必ず水分補給をして下さい。水分不足になると熱中症のような症状を起こしやすくなりますし、代謝が悪くなり、老廃物が体内に留まってしまうためむくみの原因となります。水分は意識して摂りましょう。

高血圧を予防する効果

カプサイシンには末梢血管を広げる作用があります。そのため血流が良くなり、血圧を下げる効果があります。また強心作用も認められており、血圧の上昇を防ぐとされています。

リウマチの予防・改善効果

トウガラシには鎮痛作用があることが古くから知られています。実はメカニズムはまだ解明されていないのですが、血流が良くなることが理由の一つではないかと考えられています。肩こりや神経痛にも効果があります。

免疫力を高める効果

カプサイシンの毛細血管収縮作用により、血流が良くなると白血球が活性化します。白血球は体内に侵入した細菌や異物を消化分解する作用があるため、白血球が増えると免疫力が高まり、風邪などの予防に役立ちます。がんの予防にも効果が期待されています。

トウガラシを効率的に摂るには

最近は色々な料理に使われるようになって来ていますから、無理に食べようとする必要はありません。一応1日の目安は粉末にしたトウガラシで小さじ1/3程度ですが、特に胃腸の弱い人が大量に摂ると胃痛や下痢を起こしますので、注意が必要です。ちょっと砂糖を入れすぎたかな、という時に一味や七味とうがらしを一振りすれば、ぐっと味がしまって美味しくなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加