整腸作用でお腹スッキリ!老化を防いで魅力的に変身!?豆腐の意外な効能とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

39_納豆豆腐_re

身近な食材の豆腐の栄養素は美と健康をもたらす

豆腐というと、私たち日本人にはとても馴染みのある食品ではないでしょうか。数日に一度は食べていそうなほど親近感のある食べ物ですが、食感が柔らかくて、さまざまな料理に合うので老若男女問わず好まれているイメージが強いですね。

そのまま冷ややっことして食べても美味しいですが、寒い冬には温めて「湯豆腐」へと早変わり。また味噌汁の具としても定番となっています。外食の際に定食を頼んだ時には豆腐の味噌汁が一緒についてくることも多いですよね。

そして最近では「豆腐ハンバーグ」でヘルシーな料理法も人気です。麻婆豆腐などの中華料理にも相性が合いますよね。そのままでも煮ても茹ででも料理としては多くの方々の口に合う食材ですが、その健康効果はとても大きく積極的に摂り入れたいところです。

女性には魅力的な成分「イソフラボン」含有の豆腐

女性は年齢やストレスが原因で女性ホルモンのアンバランスさに悩みを抱きます。女性ホルモンの分泌が悪くて更年期障害を引き起こしたり、生理の時には激しいお腹や腰の痛みを抱えたりします。女性にとっては「ホルモンバランス」を整えることはとても重要なことなのです。

そんなホルモンバランスの調整に効果を発揮するのが、豆腐に含まれるイソフラボンです。聞いたことのある女性も多いかもしれませんが、このイソフラボンは女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、多くの女性に積極的に摂取して欲しいおすすめの栄養素なのです。

また、女性ホルモンが活発になることから、肌も綺麗になったり、バストアップをサポートしたりします。若返りには効果が大きい成分なのです。また、ホルモンバランスの調整とともに自律神経が整う作用もあるので、ストレスを抱えている方には特におすすめしたい食べ物と言えます。

豆腐に含まれるオリゴ糖が腸の中を綺麗にしてくれる?

便秘に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。毎日のスムーズな便通は健康のためには理想的ではありますが、ストレスや食生活の影響で便秘になってしまう方も現代では多いでしょう。

また、一度便秘になると腸の中の環境が悪く、便の状態も悪くなってしまいます。腸内環境は善玉菌と悪玉菌のバランスがとても大事なのですが、便秘が続くということは腸の悪玉菌が優勢になっている「悪い腸」という環境を引き起こしていることになります。また腸の働きが鈍り、ぜん動運動も起こりにくくなり、それが便秘をますます悪化させているのです。

そこで豆腐に含まれるオリゴ糖の働きに注目です。オリゴ糖を摂取することで、腸のビフィズス菌が増加、そしてぜん動運動も活発になり便通をうながします。腸の中をスッキリさせる効果もあるため便秘に悩んでいるなら、毎日の食生活に摂り入れてみませんか。

骨と歯の健康に!そして抗酸化作用の働きにも期待

豆腐には骨と歯を丈夫にするのに欠かせないカルシウムが含まれています。カルシウムは、骨粗しょう症に悩み始める年代の方にも子供達にも積極的に摂って欲しい成分です。年齢とともにカルシウムが減るので豆腐のカルシウムは魅力的ですよね。また、カルシウムは緊張を和らげたり、イライラを鎮める効果もあります。ストレス社会に生きる現代人にはおすすめしたい食品ともいえそうですね。

さらにサポニンという抗酸化作用のある栄養素にも注目してみましょう。実は細胞や血管の若返りに効果を発揮してくれるのです。細胞が活発化することで肌の老化を抑えるので美容の面でもきっと嬉しい効果がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加