ホワイトウィロウの健康作用とは?胃腸を整える効果と鎮痛作用が魅力的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーブティー_re

ホワイトウィロウの働きは頭痛にも効くってホント?

ホワイトウィロウという言葉は「聞いたことがない」という方も多いでしょう。実は薬用として古くから用いられている樹木で、その樹皮に含まれている成分が痛みを緩和する作用があることでも知られています。中でも注目したいのが、鎮痛作用があるサリシンという成分。なんと頭痛や生理痛などの痛みを緩和してくれるのです。特に女性は頭痛持ちの人も多いですし、生理痛に悩む人も多く、この成分は魅力ですよね。

天然の成分ですから、副作用を気にしなくてもいいですし、体に優しいのが嬉しいですよね。実はアメリカではインディアンが民間薬として活用していて、体の痛みをやわらげてくれることで歴史が長いです。

胃腸の働きが気になる人にもおすすめ

現代人の悩みとしてあげられるのが胃腸の不調ではないでしょうか。胃や腸はストレスの影響が大きく関わってくる器官です。ストレスで胃が痛い人や便秘や下痢になって、毎日不調を訴えている人も多いですよね。

そこで、ホワイトウィロウに含まれているタンニンという成分に注目してみましょう。なんとタンニンを摂取することで胃の粘膜を保護してくれます。これにより、胃腸の働きが良くなってくるとのこと。腸の動きが活性化されて便秘が治ったという事例も多くあります。また、胃の粘膜が保護されることでお酒を飲む方にも嬉しい効果があります。アルコールの分解作用も高まり、翌日の二日酔いにもかなりの効果を発揮します。

どうやってホワイトウィロウを摂取する?

痛み止めは多くの人は市販薬に頼ってしまうものです。特に女性を悩ます頭痛や生理痛は、市販の薬を飲み過ぎてあまり効果がなくなってきたという事もあるのではないでしょうか。また飲み過ぎて胃の負担となるのも心配ですよね。しかし、ホワイトウィロウは昔から自然の鎮痛薬として、用いられていました。天然成分であるホワイトウィロウの樹皮をハーブティーにして飲むのがおすすめです。

エキスを十分に抽出するには、乾燥した樹皮を入れたカップに熱湯を注ぎ10分ほど放置するのが理想です。結構飲みやすい味ですので、毎日続けることもできそうです。ただし、継続的に摂取するのが効果的なのですが、ハーブティーを毎日入れるのが面倒と感じる人も多いですよね。そこでおすすめはサプリメント。気軽に摂取できますし、ハーブティーの風味が苦手な方も摂取しやすく、毎日続けることができます。

自然の鎮痛薬が注目されている

頭痛などの痛みは毎日続くこともありますよね。でも毎日薬を飲むわけにもいきません。そこで、ホワイトウィロウなら自然由来の鎮痛剤なので、ハーブティーやサプリメントで飲むこともできます。薬のような副作用がないのも嬉しい魅力です。最近では、自然のハーブティーやサプリメントで頭痛の悩みを緩和してくれると評判となっています。

多くの方の注目を浴びているホワイトウィロウ。便秘も改善してくれるので、頭痛や便秘に悩んでいる人にはおすすめとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加