血管強化に大切な成分「テトラコサン酸」で動脈硬化予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150_元気な女性_re

「テトラコサン酸」は飽和脂肪酸の一つ

テトラコサン酸は、別名をリグノセリン酸と言い、飽和脂肪酸の一つです。人間が活動するために必須のエネルギー源であり、適量であれば血管を強くする作用があります。そのため血管の老化を防ぐ効果が期待できます。

運動の活力に!テトラコサン酸でエネルギーをチャージ

テトラコサン酸を含む飽和脂肪酸は、人間にとって必要なエネルギー源です。非常に効率よくエネルギーに変換されるため、体に負担がかかりにくい成分です。体力が不足していると感じた時や食欲不振の時には、こういった飽和脂肪酸を少量摂ることをおすすめします。

血管を強くしてくれるテトラコサン酸の効果

テトラコサン酸を始めとする飽和脂肪酸には、血管を強くするという作用があります。血管の老化が体の老化の始まりだと言われています。動脈の壁にコレステロールなどが沈着するようになると血管の弾力性が失われ、血圧が正常でも血管が老化すると動脈硬化になり、血管が詰まってしまう危険性があるからです。

血管が詰まると、細胞に酸素や栄養素が届きにくくなるため、乾燥肌やシワ、肩こり、抜け毛などといった症状が起こるようになります。そのままにしておくと、心臓や脳の血管が詰まり、心筋梗塞や脳卒中といった命にかかわる病気を発症する危険性もあります。私たちの体内の約50兆個もの細胞は、血液から栄養をもらっています。そのため、その血液を細胞に運ぶ血管が老化すると、体全体が老化してしまうことになるのです。

ピーナッツから摂取できるテトラコサン酸

テトラコサン酸はほとんどの脂肪に少量入っていますが、特にピーナッツやピーナッツ油に多く含まれています。ピーナッツはピーナッツバターとしても市販されていますし、摂りやすい成分でしょう。おつまみとして摂るのも良いし、ピーナッツ味噌などにして子供も大人も楽しめるおやつ・箸休めにするのもおすすめです。くだいたピーナッツをクッキー生地に入れて焼くのも、とても香ばしくて好評です。

肉や乳製品にも含まれるテトラコサン酸

テトラコサン酸はほとんどの脂肪に入っているので、特に意識しなくても摂取することができます。脂肪なので摂り過ぎはよくありませんから、通常の食事の中で肉や牛乳をうまく取り入れましょう。

テトラコサン酸は摂りすぎないことを適量の目安にしよう

現代人の食生活では、脂肪を含む食品を取りがちな傾向にあります。脂肪の中に含まれるテトラコサン酸も、普段の食生活の中で自然と体の中に摂取できています。特に飽和脂肪酸はラードやバターなど肉類の脂肪に多く、体の中で固まりやすく、中性脂肪やコレステロールを増加させるという作用があるため、他の栄養成分と比較して取りすぎないようにする必要があります。

量を守って活力ある活動ができるテトラコサン酸

テトラコサン酸を始めとする飽和脂肪酸は、重要な活力減です。食品としては、ピーナッツを始めとして、肉や牛乳などの脂肪から摂取することができます。血管を強くするという大切な役割がありますから、むやみに避けるのではなく、献立のバランスを考えて、不飽和脂肪酸やビタミン、ミネラルなどの栄養成分を同時に食事に取り入れるよう心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加