低糖質ダイエットで肥満脱出!ヨーグルトで便秘も解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

87_野菜_re

東京で嫁と二人暮らしの20代後半サラリーマンです。パソコンと一日中向き合う仕事で、休日は家でゴロゴロしながらお菓子を食べたりしていて、運動は全くといっていいほどしていません。基本的に辛い事が嫌いなタイプの人間です。

体重が半年で60kg⇒75kgに

半年程前から極端に太り始めました、昼食はラーメンや牛丼、ファーストフードなど偏ったものばかりを食べ続けて、間食も多くしていたせいでしょうか。半年程で15kg増加しました。健康診断の結果からもメタボ予備軍だと言われたり、お気に入りだったスーツが着られなくなってしまったり・・・

このためかは分かりませんが、便秘がちだったお通じも5日に一度は下痢状態になるという状態になり、腸内環境がかなり悪くなったようでした。ですが正直なところ、あまり深刻には考えていませんでした。

いま話題?の低糖質ダイエットを自己流で

CMを多くやっている有名ジムの「2ヵ月でこのカラダ」に憧れ、ネットで色々と調べてみました。そのジムに通うにはものすごく費用がかかる様なので、せめて似た様な事をやってみようと始めたのが低糖質ダイエット。高血圧にも効果があるとの書き込みを見て実践しようと決意しました。食べない様にしているのは炭水化物(糖質)です。

米が好きな私は非常に厳しい内容です。野菜(芋以外)と豆腐が食卓のメインになりました。おやつにはチーズを。朝食用に便秘改善対策も含めてダノンビオを買い込んで毎日食べました。

低糖質ダイエットは主に炭水化物と甘いものを控える方法です。元々糖尿病患者用だったそうで、患者は非常に厳しく制限しなくてはいけませんが、ダイエット目的の場合は1日1食はご飯や麺、パンなどの主食を摂って良いことになっています。糖質を摂らないと血糖値が上がりにくくなるため、インスリンの分泌も抑えられます。インスリンは糖質を脂肪細胞に送り込む作用があるため、この作用が働かないようにするのです。

ダノンビオのうたい文句は本当だった

ダノンビオのうたい文句でもある2週間で変わるは本当でした。5日に1度だったお通じも今では2日に1度になりました。食生活の改善も関係しているかもしれませんが。以前明治ブルガリアヨーグルトを食べ続けていた際にはこういった効果は見られなかったので、ダノンビオに含まれているというBE80菌が私にはよく作用したのでしょうか。調べてみると、ダノンビオのBE80は生きたまま腸まで届く特殊なビフィズス菌だそうです。

死滅した菌は善玉菌のエサになるので、ブルガリアヨーグルトに効果がないということはありませんが、ダノンビオのほうがより効果が高いのではないでしょうか。メインで食べていたキャベツも低カロリーな野菜だからたくさん食べても太らないし、ビタミンKやビタミンCが豊富で体に負担の無い食材だと聞きました。

野菜メインの食生活は手間もコストもかからない

野菜をメインで食べたので、食物繊維を多く摂取できた事も良い効果を生んだと思います。体重も1週間で2kg~3kg程度減り始め、血圧も平均値になりました。(私の場合実践から1ヶ月で効果を感じました。)野菜は生野菜を刻んだだけで食べられる上、ダイエット中に並んで重宝した鶏肉も塩コショウで焼いただけ、など簡単手間いらず料理ばかりです。

仕事の昼食では何を食べていいのかわからなくなる事が多くあったので、低糖質食品がもっと普及したらいいなと感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加