お茶の甘み成分「テアニン」でリラックス効果と集中力アップ効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集中している女性_re

お茶が体に良いということは広く知られています。カフェインが含まれているので大量摂取は良くないという意見もありますが、お茶の産地の人たちは毎日たくさん飲んで健康を保っています。お茶にはどんな有効成分が入っているのでしょうか。

お茶について

日本茶・中国茶・紅茶は、実は同じツバキ科の同じ品種から作られています。違いは製法。お茶の葉には酵素が含まれていて、葉を摘み取って置いておくとだんだん発酵して茶色くなって来ます。この発酵の時間により発酵茶(紅茶)、半発酵茶(ウーロン茶など)、不発酵茶(日本茶)に分かれるのです。

不発酵茶の中でも、茶園におおいを被せて日光を当てないで育てるのが玉露、かぶせ茶、抹茶で、おおいを被せず太陽の光を一杯に浴びるのが煎茶や番茶です。

お茶の味を決める要素

甘み

お茶の甘みのもとは「テアニン」です。テアニンはアミノ酸の一種で、お茶の味の爽やかな甘みや旨みの元となっていて、うまみ成分のグルタミン酸と似た構造をしています。お茶にはグルタミン、アスパラギンなど10種類以上のアミノ酸が含まれていますが、その中で特出しているのがテアニンです。

テアニンはお茶の木の根で作られ、葉に移動します。ところがテアニンは日に当たるとカテキンへと変化し、渋みが出てしまいます。日を当てないとテアニンのままなので、旨みが強く渋みのないお茶が出来るのです。玉露などがそれに当たります。

渋み

渋みはタンニンによるものです。タンニンの成分の一つがカテキンで、生活習慣病予防効果があるとして注目されている成分です。日光が当たるほど渋みが増し、上級と言われる新芽の先だけのお茶には渋みがあまりありません。

苦み

お茶の苦みの元はカフェインです。新茶に多く、また日光が当たらないほど強くなります。玉露など高級茶ほど苦みが強いのはこのためです。カフェインの量が多いお茶にはテアニンも多いとされています。熱湯に非常に溶けやすい成分なので、熱いお湯で淹れれば苦みが強く、ぬるければあっさりした苦みの少ないお茶になります。

「テアニン」とは

上に書いたように、日光に当てずに育てた高級なお茶ほどテアニンを多く含んでいます。抹茶を100とすると玉露は約94.4ですが、煎茶は約27.8、番茶は8.3になってしまいます。逆に、安いお茶にテアニンを入れるだけで玉露の味になり、コーヒーに入れると苦みが和らいだりジュースの酸味が抑えられたりします。

テアニンの効能・効果

リラックス効果

テアニンにはα波を出現させる作用があります。α波とはリラックスしたり目を閉じている時に出る脳波のこと。実験によると、50mlのテアニンを服用すると、約40~50分後にα波が増加することがわかりました。テアニンの濃度が高いほどα波が強く出るので、リラックス効果も高くなります。

集中力を高める効果

テアニンのリラックス効果によって緊張が抜け、集中力が増します。また、動物実験ではテアニンによって記憶力や学習能力も高まることがわかりました。これはテアニンにドーパミンやセロトニンの濃度を変化させる作用があるからではないか、と言われています。

不眠症を解消する効果

脳の興奮を抑え神経を鎮静化するので、寝つきがよくなり夜中に目が覚めるということもなくなります。質の良い睡眠は疲労回復につながります。

月経前症候群(PMS)、更年期要害を改善する効果

テアニンには女性特有の症状を緩和する作用があります。月経前のイライラや集中力の低下、疲れやすい、むくみといった症状や更年期障害のほてり、動悸、不安感などに効果があるとされています。

高血圧を予防する効果

テアニンにはグルタミン酸の働きを抑える作用があることがわかっています。これによって神経細胞を保護し、高血圧の予防に効果があるのではないかと期待されています。

テアニンを効率的に摂るには

カフェインが含まれていても、テアニンの作用によって強い興奮状態になることはない、と言われています。食事の際には煎茶や番茶で中性脂肪やコレステロールを下げると言われるカテキンを摂って、リラックスしたい時には玉露や抹茶などと使い分けると良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加