安い!美味い!医師も推薦するタマネギの血糖値改善効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16_タマネギ_re

愛知県名古屋市に住む30歳の独身男性です。実家で両親とともに暮らしています。これまでに営業職をはじめ複数の職業を経験し、現在は小さいながら自分の店を持っています。なかなか運動ができないので、夜に散歩するようにしています。

運動不足でやや太り気味、血糖値も高くなってきた

サラリーマン時代は営業などで毎日動き回っていたため普通体型だったのですが、最近はやや太り気味です。また、健康診断で血糖値がやや高めだったのも気になっています。20代の頃に比べると明らかに体力がなくなり、無茶をすると翌日にこたえるようになりました。できるだけ暴飲暴食や徹夜カラオケはしないようにしていますが、そういったことも営業の一環です。平日は食生活を節制し、休日の付き合いだけは続けています。

血糖値を下げるために食べるものに気を使うように

血糖値がやや高く、投薬が必要なほどまではいきませんが、立派な糖尿病予備軍です。医師から食事を改めるように指示を受けたので、血糖値を下げる食材を探しました。タマネギにはその作用があると知ったので、積極的に食べるようにしています。また、炭水化物は糖質が非常に多いので量を減らし、代わりに豆腐など低カロリーで糖質が少ないものを食べるようにしました。

砂糖がたっぷり入っている清涼飲料水の代わりにお茶に、炭酸飲料は糖質がないものに、好きな日本酒も糖質やカロリーを減らしたものを飲むようにして、全体的に糖分の摂取量を減らすよう努力しています。

糖質というと甘い物というイメージがありますが、実はしょっぱいせんべいやポテトチップにも多量に含まれています。糖質とは甘い物のほかにでんぷんもあり、ご飯やパンなどにもたっぷりなのです。カボチャやトウモロコシ、レンコン、タマネギなど野菜にも含まれているので、よほど気にしていないとあっという間に摂り過ぎてしまうのです。

タマネギのアリシンが血糖値を下げてくれる

糖質が含まれているタマネギですが、血糖値を改善するのに有効な食材だと医師に勧められました。含まれているイソアリインという物質は切ることでアリシンに変化し、血糖値の上昇を抑えたり血液をサラサラにし、動脈硬化の予防になるそうです。必要量は1日に4分の1個ですが、特に意識しなくても半分から1個はすぐに使えます。アリシンは水溶性なので水にさらさず、焼いて調理するほうが甘味や旨味が増します。

油で調理すればアリシンがさらに壊れにくくなるそうです。医師の勧める通り食べるようになってから、血糖値は少しずつ改善しています。

タマネギはどんな調理法でも合う万能野菜

タマネギは一年中手に入りますし、価格も比較的安定しています。1個あたり50円前後として、4分の1個なら15円もせず血糖値を下げられるのです。しかも食材ですから食べることでお腹も満足しますし、どんな調理法でも合います。自然に取り入れることができるので続けやすいのも魅力だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加