すぐに疲れてしまう体がタマネギで元気な毎日に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

45_タマネギ_re

首都圏に住む40代半ばの女性です。以前は体を動かすことが好きで、ウォーキングやスポーツなどで体を動かすことを楽しんでいましたが、40歳を過ぎた頃から体を重くなるように感じるようになりました。近所への買い物へ行くときにも車に乗ることが増えました。

体が重く感じ、つい車に乗るように

自分の体なのに、重だるく感じることや、すぐに疲れてしまうことが増えました。若い頃は体を動かすことが好きでしたから、運動とまではいきませんが、お天気の良い日は1時間くらいのウォーキングを楽しんでいたものです。しかし、40才を過ぎた頃から、朝起きると体のだるい日が増えるようになりました。体を動かした方が体も喜び、気分もリフレッシュでき、ストレスの解消にもつながるだろうとは思うのですが、だるくて動きたくないと思うことが増えてしまいました。

ついつい近所のスーパーへの買い物へ行くときも、だるい、面倒くさいと、車を使ったりするようになりました。また、以前は平気だった荷物も重いと感じることが増え、体力が落ちたようにも感じていました。ですから、健康な体を取り戻したい、毎日元気に暮らしたいと思っていました。

たまねぎを食べることを心がけています

テレビや雑誌、インターネットで、たまねぎには疲労回復効果があり、血液サラサラ効果もあると聞きました。体を作るのは毎日の食事が大切だと考え、毎日たまねぎを食べることを心がけるようになりました。生たまねぎの方が効果が高いと聞き、できるだけ生食を心がけました。最初の頃は、たまねぎ独特の辛味や刺激、匂いが苦手で、少ししか食べることができませんでした。しかし、麺つゆやマヨネーズ、お酢などの調味料を上手に使うなど、調理方法を工夫したことで、いつのまにか独特の辛味や刺激を克服することができました。

たまねぎとビタミンB1を一緒に摂るように

たまねぎには「硫化アリル」という成分が豊富に含まれていて、血液をサラサラにし、動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの大社を促進し、高血圧、糖尿病、脳梗塞などの生活習慣病の予防にも効果があるそうです。また、ビタミンB1が不足したときにおこりやすい食欲不振やイライラ、不眠、疲労などの症状にも、たまねぎと豚肉を一緒に摂取することで、高い疲労回復効果が期待できるそうです。

コレステロール値も抑える成分が多く含まれているので、肉料理の多い我が家にはうってつけの野菜です。

たまねぎはスーパーやコンビニで、求めやすい食材

体に良い食材だと聞いても、それが手に入りにくい食材だと継続することは大変です。たまねぎは八百屋やスーパー、コンビニでも売っている定番商品です。また、一年中を通じて安定した供給があり、価格も大きな変動のない優秀な野菜です。

たまねぎは生食でも加熱食でもどちらにも向いており、調理方法も幅が広く、和洋中のいろいろな料理につかえて便利です。脳に良いと言われる青魚の臭みを抑えるにも便利です。毎日続けるには飽きのこないことが大切ですから、使いまわしの利くたまねぎは優秀です。

たまねぎを食べることを心がけるようになってから、血色がよくなったような気がします。たまねぎに含まれる成分が血液をサラサラにし、血行を良くし、体の循環が良くなっているのかもしれません。これからもたまねぎ生活を続けて行こうと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加