砂肝を上手に使って生活習慣病の改善や老化を防止!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

129_砂肝_re

肥満防止にも効果あり?砂肝の様々な栄養素!

砂肝には鉄分や亜鉛などの、人間の身体の健康維持に必要な成分の他に、アルギニンという肥満や生活習慣病の改善に効果が期待されている成分なども多く含まれているので、日々の健康の維持に役立つ食材のひとつです。また料理にも様々な種類があり人気があるので、気軽にそれらの成分を摂取することが出来ると言えるでしょう。

ビタミンB2:口内炎などが改善

砂肝に含まれるビタミンB2という成分は、水溶性ビタミンと言われる水に溶けやすいビタミンの総称で、主に皮膚などの健康を維持する役目を担っています。不足すると口内炎や肌荒れ、皮膚に炎症ができるなどの症状が見られますので、これらの症状の改善にはビタミンB2の摂取を定期的に行うことが大切と言えるでしょう。

ビタミンB12:神経障害の緩和に効果

砂肝に含まれるビタミンB12は、水溶性ビタミンに分類されますが、水には少し溶けにくい性質を持っていることで知られています。ビタミンB12は細胞の分裂や分化に大切な役割を担っているため、たんぱく質の合成やエネルギー代謝などにも影響しています。ビタミンB12が不足すると悪性貧血や神経障害や慢性疲労などの症状が出ることで知られているので、これらの症状が気になる方は特に意識するべきでしょう。

鉄分:免疫力アップで老化防止

砂肝に多く含まれている鉄分は、赤血球を作るのに大切な要素で、活性酸素という体内に増えると正常な細胞の邪魔をしたり老化を促す成分を、除去するために必要な要素を多く含んでいて、また免疫機能を正常に保つなどの効果がありますので、疲れ気味な時など免疫力の低下しがちな状況の改善に力を発揮します。

亜鉛:血糖値の改善や新陳代謝を活発に!

砂肝に含まれる亜鉛は、体のあらゆる場所で機能しているミネラルで、酵素を活性化させたり細胞分裂や新陳代謝を促したりなどの他に、アルコールを分解したり、血糖値を下げるなどの効果があります。亜鉛が欠乏すると細胞の分裂がうまく行われなくなり成長障害などの問題を引き起こすこともあります。ですので亜鉛の摂取は怠らないようにしましょう。

アルギニン:生活習慣病の予防に

砂肝に含まれるアルギニンは、肥満の抑制やメタボリックシンドロームの対策に効果があると知られていて、肥満が原因のいわゆる生活習慣病などの改善にも期待されている成分です。またアルギニンは血管の老化防止などにも効果があると分かってきています。さらにアルギニンは成長ホルモンの活性化や疲労回復などにも作用するとされているなど、生活習慣病などが心配な方には注目すべき成分と言えるでしょう。

砂肝を使った主な料理

砂肝を使った料理としては、ネギを細かくしたものと一緒に塩焼きすると食べやすくなります。またニンニクなどと混ぜる料理なども一般的です。その他にもアヒージョと言われるレンコンなどと一緒にオリーブオイルで炒める料理なども人気があります。この食材は多少クセがありますので、ある程度味付けをした料理が一般的でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加