睡眠不足は便秘を、便秘はストレスを、ストレスは睡眠不足を招きます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

129_肌荒れ_re

睡眠不足も便秘の原因のひとつ

便秘の原因といえば運動不足や食物繊維の不足、水分量の低下がよく知られていますが、実は睡眠不足が原因の場合があるのです。

便は副交感神経が働くことで作られます。副交感神経は胃や腸を司っていて、主に夜間に優位になり、眠っている時に一番働くとされています。睡眠中に腸が働き、便を作っているのです。また、腸の働きを促進させるモチリンというホルモンがあるのですが、モチリンは胃が6時間以上空っぽでないと分泌されないことがわかっています。そのため、睡眠不足だったり食べてすぐ寝てしまうと腸が活発化できず、便秘になりやすいのです。

ストレスが睡眠不足の原因となり、便秘を引き起こす

ストレスが溜まると、疲れていても寝付けないことがありますね。これはストレスが交感神経の働きを活発にしてしまうため、睡眠を誘う副交感神経が作用しなくなってしまうからです。すると睡眠不足になり、体調を崩したり精神的に不安定になりがちです。それがまたストレスの原因となり、悪循環になってしまうのです。

更に、夜更かしすると朝食欲がわかないことが多いですし、時間ぎりぎりまで寝ているので朝食を食べる時間もありません。朝は一日のうちで一番腸の働きが活発になる時間帯で、朝ご飯を食べることで腸が動き出します。ですから、夜更かしは週末だけにするなど、ほどほどにしましょう。

便意を我慢しているうちに感じなくなり、痔や腸閉塞になる危険も

動くと突然便意がやってくることがありませんか?これは足が動くことで腸に刺激が伝わり、腸のぜん動運動のような作用をするからです。また、動くことで交感神経が優位になり、腸のぜん動運動を促すことも原因です。外出中などですぐにトイレに行けない場合、我慢するしかありません。これが習慣化すると直腸の感覚が鈍くなってしまい、便意を感じにくくなってしまうのです。

すると体内に滞留しているうちに便の水分が失われ、便秘がひどくなってしまいます。その状態で無理に排便しようとすると痔になってしまうことがありますし、便秘が悪化すると腸閉塞や腸の組織が死んでしまう危険性がありますので、注意しましょう。

肌のトラブルや老化も睡眠不足が原因

睡眠不足から便秘が続くと、ほかにも悪影響が出てきます。それは、肌のトラブルです。お肌のゴールデンタイムは一般的に午後10時?午前2時の間といわれています。この時間帯に成長ホルモンが分泌されることで細胞が活性化し、肌の代謝が良くなるのです。

ゴールデンタイムに眠っていないとお肌の新陳代謝がうまく行かなくなり、肌荒れや老化の原因となってしまいます。

睡眠不足は交感神経が優位になっていることが原因

睡眠不足になってしまう原因は、ストレスのほか、仕事、テレビやスマートフォン画面の見過ぎ、飲酒などがあります。すべて交感神経が優位になっていて脳が興奮状態になっており、眠りにつけなくなってしまいます。

また、上に書いたように副交感神経が優位にならないと便が作られません。夕食を終えて腸が食べ物を吸収するまでに3時間はかかると言われていて、その後副交感神経が優位になり腸が便を作り出します。ですから、遅くとも睡眠の3時間前には食事を終え、リラックスして過ごすようにしましょう。

睡眠不足の原因を取り除き、リラックスしよう

睡眠不足は便秘だけでなく、仕事や家事にも影響します。それがさらにストレスになり、便秘を悪化させてしまいます。睡眠不足で便秘に悩む人は原因を取り除き、リラックスできる状態を作るようにしましょう。

どうしても睡眠時間を確保できない場合は、腸内環境を良くすることで便秘を防ぎましょう。ヨーグルトや納豆など発酵食品を夜に食べることで善玉菌が増え、便ができやすくなり、排泄もしやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加