すいかは利尿効果や動脈硬化にも効果アリ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

51_スイカ_re

すいかに含まれている栄養素とはなんだろう?

すいかはウォーターメロンとも呼ばれ、90パーセントが水分、10パーセントが糖分で構成されているみずみずしい食べ物です。水分が多いことから「日本の夏の風物詩」「夏の果実の王様」としても親しまれています。スイカには利尿作用があります。また、水分と糖分が満腹感を覚えさせてくれるので、自然と食事の量が減ることで、ダイエットにも効果があります。

リコピン:活性酸素を抑制します

すいかに含まれているリコピンは、シミ・ソバカスの原因となる活性酸素を抑制する効果があります。リコピンの量はトマトの1.5倍も含まれているので、トマトが苦手な方はスイカでリコピンを摂取するのもよいですね。リコピンには他にも体脂肪燃焼効果があるため、ダイエットにも効果的と言えますね。

カリウム:塩分を尿の中へ出します

すいかに含まれるカリウムはミネラルの一つです。カリウムはナトリウムとのバランスを保ってくれるので、余分なナトリウムの排出を促して、身体のいらない塩分を尿の中へ出す働きを持ちます。このような利尿作用を高める効果があるので、ナトリウムの摂りすぎによって起こる浮腫みの改善に役立ちます。

シトルリン:老廃物などを尿の中に出します

すいかに含まれているシトルリンはアミノ酸の一つです。他の果実には見られない成分です。シトルリンは身体内の老廃物や、有害物質などを体外に出してくれる利尿作用があります。また、保湿性が高いので美肌効果、疲労回復、冷え性やむくみなどの新陳代謝の改善、動脈硬化の予防などの効果があります。

シスペイン:ビタミンCの酸化を防ぎます

すいかに含まれているシスペインは、ビタミンCが酸化するのや壊れてしまうのを止める働きがあります。ビタミンCを多く含む果物や野菜などを一緒に食べると、ビタミンCを効率よく吸収することが期待できそうですね。また、シソ・ソバカスにも効果があるため、美肌にもよい栄養素だということができます。

イノシトール:動脈硬化を防ぎます

すいかに含まれているイノシトール(水溶性のビタミン)は、ビタミンB群で、コレステロールの流れをよくします。そのため、動脈硬化を防ぐことができます。また、「甲脂肪肝ビタミン」と呼ばれるように、肝臓に脂肪がつかないようにする働きもあります。そのため、ダイエットにも効果的と言えますね。

すいかを使った主な料理

すいかそのもので食べてもおいしいのですが、工夫をした食べ方もあります。それは、奈良漬けです。果物を漬物にするのは珍しいですが、歯ごたえがシャキシャキしている漬物になります。また、凍らせてシャーベットにしたり、ゼリーにするのもいいですが、ジュースにしてもよいでしょう。ジュースにすると種を気にせずに飲むことができますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加