ストレスで胃がおかしくなった…一日一度の納豆でおいしく整腸作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

32_納豆_re

関西在住の主婦、28歳です。パートで働いています。一児あり。いっとき体を壊していまして最近復職しました。胃がつらいと毎日三食の献立が家族と違ってくるのがじつに二度手間ですつらい。ストレスフリーになりたい。

慢性的な胃の疲れ、もたれがつらく

いっときストレスで胃を壊し、投薬から徐々に復帰中といったところです。

壊してわかったのが、「からっぽだとますます痛くなる」ことなのですが満腹中枢がどうにもおかしい感じ。メニューのせいもあるのか満足感が得られず、ついつい許容量以上に食べ過ぎてしまい…の繰り返しですっかり元気をなくしてしまいました。

今は徐々に生活習慣を整えながら、気を付けて胃のご機嫌を取っていくしかないのか…と、家族の協力のもと鋭意健康回復に励んでいます。

朝でも夜でも、さっと手早く納豆を

胃に負担がかからずタンパク質が取れるということで毎日一度は納豆習慣です。ごはんはもとより、うどんやそば、パスタなどに投入しても苦にならずメニューのレパートリーもそこそこ。納豆の独特のにおいが嫌いな方もいらっしゃるでしょうが、加熱のタイミングを工夫したりで幾分か軽減もできます。

胃を壊してから地続きの腸の調子は必然的にリズムが崩れがちなのですが、意識して取るようになるとこれが目に見えて腸のリズムが整うのです。発酵食品の力をしみじみ感じますね!

一日一度、納豆でおいしく整腸作用

わたしは発酵食品としての整腸作用にばかりお世話になっていますが、納豆に含まれるナットウキナーゼは血をさらさらにする、いわゆる血栓融解作用で有名です。つまり高血圧が気になる…血がどろどろ…なんていう人はどんどん納豆を食べるとよろしい。

日本人として納豆は朝に食べるものという固定観念にとらわれがちですが、心筋梗塞の発作などは朝に起こりがちなものですので、夜食にちょっと小腹がすいた…なんていうときにもさっと食べるとよろしいようです、なんといっても胃もたれとも無縁です。

お安くて手軽な納豆はもっと注目されるべき

納豆はじわじわと消化につれて胃腸にしみる満腹感と満足感をもたらしてくれるのがすごいところです。つまり、胃を壊してから空腹が怖くついついやってしまう食べ過ぎがすこしは抑えられるのです。

実際に単価もお安く、スーパーでもどこでも気軽に手に入り、いつだって試すことができる。この簡便さはなかなか無視できませんね。日に一度の納豆習慣と始めたウォーキングで、このまま少しずつ、焦らずに体の調子を戻していきたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加