ストレスでメタボになった夫を玄米生活で見事に健康体へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

122_玄米_re

大阪府在住、大学生の子供を持つ48歳専業主婦です。2歳年上の主人が、会社の健康診断でメタボ傾向を指摘されたため、その解消を行うべく食生活の見直しを行っているところです。子どもと私は今のところ痩せ傾向なので、食生活改善の必要には迫られておりません。

働き盛りの40代、ストレスでメタボに

主人はもともと痩せ形だったのですが、激務とストレスにより会社での間食が増えたようで、40代に入ったあたりから急激に太りだしました。家ではそれほど脂っこい食事は出しておらず、間食も少ない方なので、おそらく会社でかなりカロリーを摂取していると思われます。年齢的に貫録が出ても仕方がないと思い、しばらくは放置していたのですが、会社のメタボ検診でひっかかり、高脂血症気味でもあるとのことだったので、会社での飲み食いも含め食生活を見直すことにしました。

主食を玄米に変えて、肉料理を減らした

食事の量を減らすことは、更なるストレスにつながる可能性もありますので最初から考えていませんでした。たくさん食べても大丈夫なもの、ということで目をつけたのは玄米。朝食は玄米と味噌汁、昼食は高カロリーになりがちな社員食堂を避けて、玄米と野菜が中心のお弁当を持参してもらうことにしました。また、家での食事も肉料理をできるだけ出さないようにし、魚と野菜中心にして、揚げ物の回数も、できる限り減らすように心がけました。

玄米のデトックス効果に期待

玄米に含まれる食物繊維とフィチンには優れたデトックス効果があるといわれています。メタボを誘発するような食生活を続けていたため、体内に相当な量の毒素がたまっているのではないかと思ったので、これらのデトックス効果に期待して、玄米を食べてもらうことにしました。また、玄米はアンチエイジング効果もあるので、主人だけではなく最近シワが目立ってきた私も一緒に食べて加齢対策ができるかもしれないという目的もありました。

体調は上々ですが、コストはちょっとかかるかも

玄米を食べ始めて2年ほどになりますが、主人の健康診断の数値は徐々に良くなっていき、食べ始めて1年くらいしたらほぼ正常に戻ったそうです。また、ズボンのベルトの穴が細い方へかなり移動したと喜んでいました。玄米は炊飯器で炊けるようになっているので手間はほとんどかからないのですが、残留農薬のことが心配なため、無農薬玄米を取り寄せているので、コストがかなりかかります。ただ、得られる健康効果は高いと思うので、必要経費と思ってこれからも続けて行こうと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加