ストレスからくる目の疲れ肩こりに。カルシウム摂取で健康生活開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牛乳カルシウム_re

北海道で両親と三人で暮らしている47歳の独身男性です。法律系の専門職をしていて、土曜日曜もなく働いています。高校を卒業して部活動をやめてからというものすっかり太ってしまい、ダイエットに何度も挑戦しました。

目が疲れ、肩こりもあって、ストレスから来ているのではないかと心配

パソコンを使って仕事をするからなのか、最近とみに目が疲れるようになっていることを実感しています。特に左目がショボショボします。メガネを使用しているのですが、もしかしたら度が合っていないのかとも思います。また、それが原因なのかもしれませんが、肩こりもあります。ガチガチに固まるような時もあります。

それに、もうここ数年、イライラすることが多くなりました。と言っても、どんなことにもイライラするのではなく、ある一人の人に対してなのですが、もう何年もこの状態なので、本当にこまっています。これらのおおもとの原因は、もしかしたら「ストレス」から来ているのじゃないかと思うようになりました。ストレスを解消するためにはどうしたら良いかを、インターネットで検索したりして、サプリメントなども飲むこともありました。でも、サプリメントも少し心配だったりしていました。

ストレスにいいと言われるカルシウムをよくとるようにしている

そこで、昔からよく言われているように、「イライラするのはカルシウムが不足しているのかもしれない」と考えるようになりました。カルシウムと言えば、やはり「牛乳」です。しかし、私は牛乳を飲むのはやめて豆乳を飲んでいます。豆乳と野菜ジュースを混ぜて、「豆乳野菜ジュース」として飲んでいます。豆乳と野菜ジュースにもカルシウムは入っているはずです。

それよりも、もっとカルシウムが欲しいということで、カルシウムと言えば、「牛乳」と次に思い浮かぶのが「ヨーグルト」ということで、ヨーグルトを食べることにしました。いろいろとスーパーで探してみました。すると、「一日に必要なカルシウムの何パーセントをとれる」かという表示があるヨーグルトがいくつかありました。その中から一番カルシウムの量が多い「デンシア」というヨーグルトを選びました。一日に必要なカルシウムの50パーセントをとれるということでした。

一日に必要なカルシウムの50パーセントをこれだけでとることができる

ヨーグルトと言えば、やはり「カルシウム」が多いというイメージがありますが、よくよく考えてみれば、乳酸菌が入っているはずです。乳酸菌は便秘にいいと聞いたことがあります。私は便秘がちなので、ちょうど良いと思いました。また、ヨーグルトには抗酸化作用があるので、血管系の病気にいいと聞いたことがあります。

ということは、血液をサラサラにしてくれるということでしょうか。となれば、疲労回復とか、美肌になることも期待できます。添加物、保存料、香料、着色料なども気になるところですが、それほど神経質になることもないのかもしれません。気にすると、それがまたストレスを生みそうですし(笑)。また、ヨーグルトだけでなく、チーズを食べたり、海藻を食べたり、ブロッコリーや小松菜やほうれん草なども生野菜ではカルシウムが多いと読んだことがあります。このようなものもよく食べるようにしています。

ストレスへの効果はわからないが、必要なカルシウムは十二分にとれているから良し

このように、必要十分なカルシウムをとってはいるのですが、それでもやはり、ある人へのイライラはおさまりません。カルシウムをとるだけでは、どうにもできないレベルまでいってしまっているのでしょうか。

そのイライラは解消されませんでしたが、カルシウムをとることは必要なはずです。年をとってから骨粗しょう症などにならないかもしれません。やはり骨は大事ですからね。その他にも、いろいろな効果はあると信じています。それに、ストレスにも効果があるとは思います。ある人へのストレス以外は、特別、ストレスを感じていませんから。きっと、このカルシウム摂取作戦が功を奏しているに違いありません。食事の一環ですから、特別な手間などかからないので、これからも続けるつもりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加