ストレスでひどくなる肌荒れには腸内環境を整えるヨーグルトを試してみて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌荒れ_re

大阪で実家暮らしのフリーター

ストレスで肌荒れがひどくなって

アトピーではないのですが、昔から慢性アレルギーとでもいうのでしょうか? 花粉の時期や食べ物に関係なく、鼻はぐずつきくしゃみはひどく、また目の疲れにでると、今度はかゆみとなって襲ってきます。

寝ても寝ても変に体のだるさが残り、仕事が終われば気が抜けてしまうからか、全身がかゆくなって湿疹が赤く腫れます。

厳しい職場だったので、ストレスが知らない間に蓄積されたのでしょう。薬を塗るも、いっこうに引いてはくれません。ほとほと困った状態です。

ヨーグルトとはちみつ

肌荒れは腸内環境からとよく耳にします。まず肌荒れを治す前に、腸内環境を整えようと、ビフィズス菌がたっぷり含まれたヨーグルトを毎朝食べることにしました。もちろん、糖分が含まれていないプレーンを選び、添加物や香料など少ないオーガニックのはちみつで加糖しています。

あまり精製されたお砂糖を使用すると、今度は血糖値があがりすぎる問題になるので、オーガニック使用のはちみつがおすすめですね。甘さをとれつつ健康にも配慮できます。ヨーグルト効果で、毎朝が快便になりました。

やっぱり小岩井の濃厚ヨーグルト

腸内環境を改善するにあたり、どのヨーグルトがいいのかいろいろ試してみました。私の場合は食感重視で選んでいます。ビヒタスのヨーグルトは少し酸味がきつく、小分けする時はボトボトと、なんだか切れ切れになって見た目が美しくなかったです。いろいろ試してみて、小岩井の濃厚ヨーグルトが一番よいと思いました。とろみがあり、プレーンであっても少し甘さの感じる食感がとてもお気に入りになりました。はちみつとの相性もばっちりです。

ヨーグルトならおやつにもなる

少し小岩井のヨーグルトは他と比べると、少しコストがかかるかもしれません。その分、おやつとしても十分に楽しめると思います。おやつ時には一工夫をして、ビタミン豊富なドライフルーツやブルーベリー、プルーンと一緒に摂れるので、美肌や目の疲れの改善にも期待できます。

ブルガリアの国では子どもの時からヨーグルトを食べているので、成長してからも美肌の人が多いと聞きます。子どものいるご家庭でも、おやつを楽しめるものだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加