強いストレスからくる症状にはハーブティーと生姜を摂取!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーブティー_re

30代主婦、子供が一人います。夫の仕事柄、海外にいることが多いです。結婚に当たり、夫のことが好きだったのはもちろんですが、海外で生活できるということも魅力の一つと感じ、結婚しました。子供ができる前までは自由気ままな外国暮らしでしたが、子育てが始まってみるとあれ?と思うことがあったりの毎日です。

ストレスからくる諸症状に悩まされています。

子供が幼稚園に通うようになって、外国人のママたちに混じり、送り迎えをするようになりました。入園から数ヶ月たった今、ママ代表とそのお仲間に若干手を焼いています。どうも彼らは、思い通りに動かない人を見つけると、組み敷きたくなるタイプのようです。例えば、家庭訪問をしたい彼らに、家庭の事情で自宅に人を招けないと言えば、あえてその人の家に押しかけて行ったりします。

彼らはある意味で平等なので、私にも何かと思うようです。それを私は軽くかわせているつもりでいましたが、幼稚園でのことは子供にも影響があることなので、気づかないうちにストレスとなって蓄積されていました。それで、しばらく前から、眠れなくなり、治まっていたはずの肩こりと腰痛が再発しました。

コーヒーを飲むのを止め、毎日、生姜を摂取することにしました。

こちらは一年保育もありなので、あと数ヶ月で卒園です。徐々にママたちの振る舞いの影響がクラスに表れつつありますが、話を聞く限り、被害を受けるそれ以外の子供たちを代わる代わる守りあっているようなので、残りの数ヶ月、今の幼稚園でと思っています。

しかし、強い者に巻かれていくママたちもいます。だから、症状が和らぐことはありません。どうしたものかと思い調べてみると、不眠も肩こりも腰痛も、血行を良くすることで随分症状が改善するということが分かりました。それで、少しでも症状を軽くしたいと思い、毎日、何杯も飲んでいたコーヒーを飲むことを止めハーブティーに切り替え、かつ、毎日、生姜を摂取することに決めました。

ハーブティーも、生姜も、全ては血行を良くするためです。

コーヒーは脳を活性化させたりする良い効果もある飲み物です。また、カフェインの影響で血行も良くするとも言われています。しかし、私がこれまでにしてきたように、一日何杯も飲むと、利尿作用が強く出てしまうのだそうです。1杯許すと、もっと飲みたくなるので、血行だけでなくリラックス効果も得られ、種類も豊富なハーブティーに切り替えました。

次に、生姜ですが、生姜はいわずと知れた血行促進に良いとされている食品です。生姜湯はもちろんのこと、お料理にもお菓子にも使っています。中でも、最近のお気に入りは、ジンジャーとシナモンと蜂蜜を入れたホットミルクです。ご存知の通り、シナモンにも血行促進効果があり、ミルクに含まれるカルシウムはいらいら防止に効きます。

コーヒーを絶つことはつらいですが、後悔しないために続けます。

血行を意識する生活を始めて、約1ヶ月が経ちました。現在のところ、徐々にですが、効果は出てきているかなという感じです。できることはしているという気持ちがそう感じさせるのかもしれません。残り数ヶ月、とにかくこれで走り抜けたいと思っています。

眠れないと、肩こりや腰痛だけでなく、弊害が諸々出てきます。例えば、一人になるとだるさが迫ってきます。それだけでなく、顔色が悪くなり、肌荒れもおきやすくなります。経費こそ大してかかりませんが、症状に波がある中、好きだったものを制限したりすることは、容易ではありません。しかし、美肌とまではいかなくとも、しわやしみの少ない見るに耐えるママでいたいので、これからも続けていこうと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加