オルニチンやタウリンを含むしじみ!疲労回復や二日酔い防止に効果大!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

130_シジミ_re

様々な場面で大活躍!貝類の中でも特に優れた栄養素を持つしじみ!

しじみにはうまみ成分として人が感じるコハク酸が多く含まれており、味噌汁などに入れられ多くの人が好んで食べています。その美味しさもさることながら、貝類の中でも特に優れた栄養素を多く含み、健康食材としても大活躍しています。味と栄養の二つの要素を兼ね備えた、今も昔も、そしてこれからも愛される万能食材の一つと言えるのではないでしょうか。

オルニチン:疲労回復、倦怠感解消、加齢臭改善

しじみに含まれる必須アミノ酸の一つであるオルニチンは肝臓の働きを助け、アンモニアの解毒に大いに役立ち疲労回復に絶大な効果を発揮します。また、体内にアンモニアが増えると倦怠感や気だるさが症状として表れるため、これらを解消するためにもオルニチンは活躍すると言われています。さらに、多くの人が悩まされている加齢臭の原因もアンモニアであると言われているため、オルニチンを摂取することにより改善が期待できます。

タウリン:二日酔い防止、高血圧予防

最近耳にすることが多くなった栄養素、タウリン。しじみにはこのタウリンも豊富に含まれており、主に肝機能を向上させる働きがあると言われています。タウリンは肝機能の中でも主にアルコールの分解に役立つため、お酒を飲んだ翌日や、二日酔いになってしまったときに摂取するとよいと言われています。また、血圧を下げる働きもあるため、高血圧に悩まされている人にもオススメな栄養素です。

鉄分:貧血予防、疲労回復

血液中の赤血球中のヘモグロビンの主な構成ミネラルとして有名な鉄分もしじみは多く含んでいます。この鉄分が不足すると貧血になるとも言われ、積極的に摂取することによって貧血予防には効果が期待できます。また、ヘモグロビン中の鉄原子は体内の酸素の運搬に大きな役割を果たしているため、疲労回復にも一役買っていると言えます。

カルシウム:骨作り、骨粗しょう症予防、イライラ解消

しじみには骨作りにとって欠かせない栄養素であるカルシウムも豊富に含まれています。特に成長期の子供にとっては重要な栄養素であると言えるでしょう。また、カルシウムの摂取は近年大きな問題となっている骨粗しょう症予防にもつながると思われます。その他にも、カルシウムにはイライラを解消する作用があると言われています。

ビタミンB12:貧血予防、肝機能向上、神経症状改善

しじみに含まれる赤いビタミンとも呼ばれるビタミンB12には鉄分の吸収を促進する作用があり、さらに赤血球の合成にも使われるため、貧血予防に役立つと言われています。さらに、神経にも良い働きがあるとされ、肩こりや腰痛などの末梢神経による症状にも効果があるようです。その他にもオルニチンやタウリン同様、肝機能の向上にも効果があるとされ、ぜひ摂取しておきたい万能な栄養素となっています。

しじみを使った主な料理

しじみを使った最も代表的な料理として、味噌汁が挙げられます。味噌汁にするとうまみ成分であるコハク酸が出汁となって抽出され、非常に美味しく食べることができます。その他にも炒め物やしょうゆ漬け、炊き込みごはんにも使われ、様々な場面で活用できる食材となっています。この貝を使った料理のポイントとして、いかにうまみ成分を美味しく活用するかがカギとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加