米胚芽抽出物とは?玄米に隠された驚きのダイエット効果を追求!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

122_玄米_re

白米に精製される前の玄米には、さまざまな栄養素が含まれていますが、中でも最近注目されているのは、米胚芽抽出物です。米胚芽抽出物には、健康効果だけでなく、美肌に導く美容効果も認められているのです。そこで今回は、米胚芽抽出物の栄養や効果、摂取方法、摂取量などをご紹介します。「玄米が苦手・・・」という人も安心してください。玄米以外の摂取方法もあるので、是非参考にしてみて下さい。

米胚芽抽出物の栄養と効果

美肌効果

美しい肌を作るためには、肌に必要な成分を食品から摂取する事も大切です。美肌に効果が高い成分として注目されているのがセラミドであり、米胚芽抽出物はセラミドをたっぷり含んでいるのです。セラミドは、肌の角質層に存在し、肌の中に水分を蓄えるための重要な役割を持っています。潤いを失った肌にセラミドの成分を米胚芽抽出物により補強することで、みずみずしい肌が手に入るでしょう。

ダイエット効果

米胚芽抽出物は、脂肪の分解酵素であるリパーゼの機能を阻害する効果を持っているため、脂肪の吸収をできるだけ抑えることができる、といわれています。その結果、多く食べても体内に脂肪が蓄積されないため、ダイエット効果が期待できるのです。現代は「飽食の時代」ともいわれ、食べ物であふれており、美味しい食べ物を、好きな時に、好きなだけ食べれます。一見良いようですが、食べ過ぎを招き、多く摂りすぎた分は体内に脂肪として蓄積されてしまいます。肥満を防ぐためにも、米胚芽抽出物を積極的に摂って、脂肪の吸収を抑え、スリムな身体を維持しましょう。

米胚芽抽出物の摂取方法

玄米

玄米には取り除かれる前の米胚芽抽出物が含まれているため、玄米を食べることで、自然と摂取することができます。米は主食として毎日摂取するものであることから、玄米を食べることが最も手軽に米胚芽抽出物を摂る方法といえます。これまで白米だった人は徐々に置き換えていくといいでしょう。玄米に抵抗がある人は、はじめは白米と玄米を半分ずつの割合で炊いて、徐々に玄米の量を増やしていく、というのも一つの方法です。

米胚芽抽出物の油

「玄米が苦手・・・」という人におすすめなのが、米胚芽抽出物の抽出油。使い方は簡単で、炒め物や揚げ物など、いつもの料理で使う油を、米胚芽抽出物の抽出油に置き換えればいいだけです。特別な料理を作らなくても、いつもの料理で使えるのが最大のメリット。知らず知らずのうちに、米胚芽抽出物を摂りいれることができるのです。油は調理の際に必要なものではあるものの、健康のことを考えてどうしても控えがちです。健康に良い米胚芽抽出物の抽出油であれば、毎日の調理で気兼ねなく使うことができるでしょう。

米胚芽抽出物の抽出エキス

「あまり自炊しない・・・」という人には、米胚芽抽出物の抽出エキスがおすすめ。そのまま水に溶かして飲んでもいいですが、ジュースや食べ物に混ぜて飲んでも大丈夫です。ドリンクのスタイルであれば、毎日の忙しい家事や仕事の合間に、簡単に摂取が可能です。必要なビタミンやミネラルなども同時に取り入れられて、健康作りに最適です。

米胚芽抽出物の1日の摂取量

米胚芽抽出物は、その利用の方法により適切な摂取量も変わりますが、調味油として摂取する場合、1日50gを目安として摂取すると、血液の健康効果があることが確認されています。また玄米から摂取する場合には、1日3回主食として食べていれば、自然と有用成分を吸収できるので、特に心配しなくても大丈夫でしょう。

まとめ

日本人にとって米は主食であり、身近にある食品。その米に含まれる米胚芽抽出物に、脂肪の吸収を抑えるダイエット効果や、セラミドを補充する美肌効果が認められているのです。この素晴らしい効果に、食事の大切さを改めて感じた人も多いことでしょう。玄米が食べれる人は玄米を、苦手な人は米胚芽抽出物の油や抽出エキスを積極的に摂って、健康や美容を維持しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加