腸に滞留している「宿便」を出して、すっきりお腹と美肌をゲット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

142_便秘_re

「宿便」て本当にあるの?

一時騒がれた「宿便」。便秘でお悩みの方にはおなじみの言葉ですが、実際にそういったものがあるのかはわかっていません。医学的にいう「滞留便」のことと言われていますが、一般的に宿便は「腸のひだ状の壁のへこんだ部分に溜まっている便」のこととされています。ところが実際は腸はぜん動運動をしているため、壁はへこんだり出っ張ったりを繰り返します。そのため、便が溜まるようなことはあり得ない、という意見もあるのです。

ただ、「滞留便」自体は医学的にも認められているもので、便秘によって腸内に長く滞留している便のことを指します。長期間腸内にあるので通常の便より臭いが強く、色も黒っぽいことが多いようです。

宿便(滞留便)の量はどれくらい?

量には諸説ありますが、特に便秘ではないという方でも約2?3kg、便秘がひどい場合には約5kgにもなると言われています。毎日消化しているつもりでも、体の中にはまだ完全に消化しきれないものが残ってしまっているようです。また、通常腸内には細菌が重さにして約1.0~1.5kg存在していると言われます。この細菌は日々生まれ死んでいくので、その死骸はたとえ断食しても便として出ます。これは黒っぽく強烈な臭いを放つため、これも宿便の一種とされています。

腸内洗浄をしたいなら医療機関で

宿便(滞留便)というのは、通常の排便では出すことができません。このため腸内洗浄という方法を用いて、宿便までもすっきりさせるという方法が選ばれています。腸内洗浄は消化器科クリニックや美容クリニックなどの医療機関で行うことができます。

腸内洗浄キットというものも販売され、自分で腸内洗浄を行なえるものもありますが、これはお勧めできません。腸の粘膜を傷つけて感染症になったり、腸に穴があいてしまった例があるのです。腸内洗浄は医療行為ですので、どうしても自分でしたい場合は自己責任で行なって下さい。

自分でできる方法は何かある?

安全で自宅でできる方法としては、プチ断食があります。これは半日~1日水分以外のものを摂らない方法です。その後は消化の良いものを少しずつ食べて行きます。そのほか、コンニャクや玄米、キャベツ、海藻などを食べるという方法もあります。これは滞留している便全てが出る訳ではないようですが、それでも1~3kgは体重が減ると言います。

すっきり出し切ればダイエット効果も?

先ほども述べましたが、滞留便の量というのは相当なもので、多い方なら5kg程度がお腹の中に溜まっているとされます。ですから、それを出し切れば、単純計算でその分の体重が減ることになるため、すぐにダイエット効果を得ることも可能ということです。滞留便を身体に溜めていても良いことは一つもありませんし、ぜい肉と同じように全く不要なものです。

また、便秘で苦しんでいる人はお肌の荒れにも悩んでいるのではないでしょうか。老廃物が排出されないと、それが血液を通じて体全体をめぐっていきます。そうすると、それが顔の皮膚にまで悪影響を及ぼすこともあるのです。便秘で悩んでいる人は一度相談してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加