エイジングケアの救世主!レチノイン酸の驚くべき美容効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

93_しみしわ_re

シワをのばす成分として注目!レチノイン酸とは

年齢とともに気になってくるのが、肌のシワ。シワがあると顔全体の印象が老けて見えることから、美の大敵ともいわれています。そのシワをのばす成分として、注目を集めているのがレチノイン酸です。レチノイン酸は非常に優れており、シワを伸ばすだけではありません。肌の新陳代謝を促進し、細胞のターンオーバーを活発化してシミを取れやすくなるなど、まさにエイジングケアの救世主ともいえるのです。

レチノイン酸の美肌効果がスゴイ!肌を再生、老化防止も!

コラーゲンを増やして『肌を再生』

レチノイン酸にはコラーゲンを増やす作用があることから、肌を再生し、美肌に導く効果が期待できます。コラーゲンとは、お肌に欠かせない要素であり、お肌に潤いを持たせたり、シミやしわを解消する働きがあります。乾燥はお肌の大敵です。潤いを持たせるコラーゲンは美の秘訣ともいえるでしょう。また、真皮部分のヒアルロン酸を増やしてくれる効果もあり、レチノイン酸はお肌に良い栄養素を補うのにピッタリの成分なのです。

活性酸素を抑制して『老化防止』

肌の老化は、活性酸素が原因の場合が多いのを知っていましたか?過労や生活習慣の乱れ、あるいは加齢などによって、大量の活性酸素が体内で生成されています。いかにして活性酸素の生成を抑えるかが老化防止のカギとなる、といっても過言ではありません。レチノイン酸には、こうした活性酸素を抑制する働きがあり、老化の原因そのものを解消してくれる効果が期待できます。

病院の処方が原則!レチノイン酸の使用方法とは?

医師の指示に従って塗る

しわや肌荒れに大変効果の高いレチノイン酸ですが、肌への刺激が強いということをも知っておかなければなりません。その刺激の強さから、薬品としては日本国内で認可されておらず、美容外科や大学病院での処方が原則となります。間違って使用すると炎症などの副作用を引き起こすこともあるので、医師の指示にしたがって正しく使用する必要があります。

海外の通販で購入する

レチノイン酸は日本では認可されていません。しかし、欧米諸国などでは、その効果の高さから、ニキビ、肌荒れ防止、しわ防止のクリームとして一般に使用されているため、海外の通販などで個人輸入することは可能です。送料や届くまでの日数がかかる、という点はありますが、手に入れること自体は難しくないので、覚えておくといいでしょう。

しかし、個人の判断で使用するのは、あまりおすすめしません。海外の通販等で入手した場合であっても、医師の指示を仰ぐのが賢明でしょう。

レチノイン酸の使用量とは?一日一回を目安に塗布!

レチノイン酸は、基本的には医師の指示を仰ぎながら使用することがほとんどです。個人で購入した場合には、一日一回を目安として塗布しましょう。塗布方法は簡単で、目尻や額などの気になる部位に、それぞれ少量ずつ塗布します。最初は赤くなることもあるので、様子を見ながら塗布する量を調節しましょう。また、使用する際は、肌が敏感になるので、紫外線にあたらないように注意しましょう。

シミ、たるみ、肌荒れ・・・レチノイン酸で肌の悩みを解決!

レチノイン酸は、シミやたるみ、にきびや肌荒れなど、肌の悩みのほとんどに効果があるとされる、とても万能な成分です。とはいえ、日本ではまだ一般の化粧品に使用することが認可されていないことから、不安に思う人もいるかもしれません。

しかし、医師の指示に従い正しく使えば、トラブルになることもないので安心してご使用ください。お肌のシワやたるみなどに悩んでいるなら、一度美容外科などで相談してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加