スイカの「シトルリン」は冷え性改善や筋肉増強に効果のあるスーパー成分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腹筋_re

「シトルリン」はスイカから発見された成分で、スーパーアミノ酸と呼ばれています。何がスーパーかと言うと、その効能の多さではないかと思います。男性の悩みにも女性の悩みにも効果があるシトルリンについて、まとめました。

「シトルリン」とは

シトルリンはスイカの学名シトルラス・ブルガリスから名づけられた、日本で発見された成分です。とはいえその効果は古くから知られており、欧米では医薬品やサプリメントとして使用されています。イカやきゅうり、ゴーヤ、メロン、冬瓜などのウリ科の植物に多く含まれています。

通常、アミノ酸はたんぱく質の形で存在しています。ところがたんぱく質にならずそのままの状態で体内に存在し、必要な時にはすぐ使える形で存在しているのが「遊離アミノ酸」です。シトルリンはこの遊離アミノ酸で、大変機能性の高い成分です。

シトルリンには一酸化窒素の生成をサポートする作用があります。一酸化窒素は血中に生成される成分で、血管はこの成分を排出しようとして血管を拡張させます。また皮膚の水分保湿因子の一つで、お肌の保湿機能を高めてくれる成分でもあります。

シトルリンの効能・効果

むくみの解消

スイカに利尿作用があることは古くから知られていました。これはシトルリンの血流改善作用によるものです。血流がよくなると体内に滞留する水分が排出されやすくなり、むくみの解消につながります。

冷え性の改善

シトルリンには血管を拡張させる一酸化窒素の生成に関わっています。血管が拡張されると抹消の血管にも血液が充分行くようになりますから、冷え性の改善になります。

美肌効果

シトルリンは天然保湿因子の一つで、角質層の中に存在しています。肌のハリや潤いは天然保湿因子の量によって決まるため、シトルリンを摂取することで潤いのある肌を作ることが出来ます。また、血流が良くなるため新陳代謝が良くなり、お肌のターンオーバーが正常になることも美肌を維持するために大切な要素です。

疲労回復効果

疲労の原因の一つはたんぱく質を分解する時に出来るアンモニアという毒素です。アンモニアはアルカリ性の物質で、細胞がアルカリ性になると老廃物を排泄できなくなったり栄養素を上手く取り込めなくなり、疲労を感じるのです。シトルリンにはアンモニアを肝臓内で無害な尿素に分解し、排泄する働きがあります。

筋肉増強効果

シトルリンには成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。成長ホルモンは筋肉の増強に必要なホルモンなので、筋肉の増強のために摂取するアスリートが多いと言われています。また一酸化窒素の生成を助け血液の流れが良くなることから、トレーニングの質が上がるとも言われています。

シトルリンを効果的に摂るには

スイカのシトルリンは、特に皮に多く含まれています。通常皮は捨ててしまうと思いますが、実は炒めると甘みが出てとても美味しいものです。また、漬物にしたり甘く煮てピールにするとグミのようでとても美味しいですよ。その他、きゅうりや冬瓜なども同じ効果があります。

筋肉増強のためには1日800mg程度摂ると良いとされていますが、スイカ100gで180mg、メロンなら50mgと食材だけでは難しそうです。サプリメントもたくさん出ていて決して高くはありませんので、利用してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加