田七人参サプリメントは「白井田七」一択!中国産商品だからこその品質管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国では古くから「金不換」つまりお金に換えることができないほど貴重で効果が高いとされる田七人参(本名は三七人参)ですが、近年では日本国内でもサプリメントが通販で買えるようになってきました。

もっともこの田七人参、日本の国産原料で作られたサプリメントはなく、原産国である中国雲南省や広西省からの輸入でしか手に入りません。中国産となると、栽培方法や安全性など、その品質が気になるところ。特に中国の土壌汚染や過剰農薬、工業排水の問題などは大丈夫なのでしょうか。

中国産はやっぱり不安!白井田七はなぜ大丈夫?

中国産の食品は、加工の過程で異物が混入することも多く怖い原因の1つですが、田七人参サプリメントの場合は加工は国内で行われる場合も多く、主に栽培過程の品質が重要になります。

田七人参の生産を主に行っているのは中国雲南省・広西省といった農業地域になりますが、この地域は工業用地ではないため排水は届かないとされていますが、日本とは比べ物にならないぐらい農薬の使用基準が甘く、近所で飼われている動物がバタバタと死んでいくかなり危険な地区もあるとのこと。

害虫とはいえ虫がつかないようにする農薬が、人間の体にいいはずがありませんね。動物が死んでしまうほどの強力な農薬使用量ですから、この土壌で作られた農作物を口にするのはさすがに抵抗があります。

「白井田七」開発者の白井さんは、この雲南省に山を1つ所有し、現地に会社を作りました。この山は白井さん自ら土壌作りをイチからやっている上、ベトナムやラオスの国境に非常に近い奥地で、他の地域の土壌汚染の影響がほぼないと言っていいようなところです。交通の便はかなり悪い奥地にはなりますが、食品の安全性にこだわる白井さんの理想となる栽培環境を設定することができています。

またカプセルや錠剤に加工するのではなく、白井田七はプレスして固めただけ。触るとボロボロと崩れてしまうぐらい、余計な手を加えられていないということがよくわかります。せっかく「白井農法有機栽培」で3年以上かけて健康に育った田七人参ですから、そのまま届けたいという気持ちの表れです。

最近では田七人参の見栄えを良くして高く売るために人参の表面にロウを塗ってみたりと、悪質な方法も横行しているようです。健康のために飲むサプリメントで健康を害していては話になりませんから、田七人参を摂取するのであればとにかく安全性にこだわり抜かれた「白井田七」以外はお勧めできそうにありません。

田七人参が重宝される理由とは?サプリメントの効果効能

さて、せっかくサプリメントを飲むわけですからしっかり効果を得たいところです。田七人参の効果効能については「金不換」ということで非常に重宝されています。

田七人参のサプリメントを飲む人が持つ悩みは様々です。基本的には健康診断で数値が悪く、医者に生活習慣病について注意されて食生活改善を余儀なくされた、というのが考え始めるきっかけのようですね。

40代ぐらいから出てくる生活習慣の悩みや健康診断の数値の悪化は、中性脂肪やコレステロール、尿酸値、血糖値関連などが代表でしょうか。内臓で言えば、肝臓や腎臓の数値が悪化していきます。特にお酒やタバコをやる方はこのぐらいから体に少しずつガタがきてしまいますね。

この辺りは主に男性が多いことと思いますが、男性は基本的に健康に対する感度が女性より低いケースが多く、対応が遅れ気味です。少し太ってしまった程度、疲れやすくなった程度であれば問題はないのかもしれませんが、血や臓器にダメージが蓄積されていくことを考えると数値は無視できません。

中性脂肪やコレステロールの数値が一定以上になりいわゆる「血液ドロドロ」の状態になると、動脈硬化や肝硬変、脳卒中など血管系のリスクは少しずつ上がっていきます。健康食品に頼らずとも改善や病気予防の意識は持っておきたいところ。家庭用の血圧器も安く販売されていますから、一定の期間を持って計測して関心を高めていきたいですね。

また、女性は高齢になると更年期障害にも悩まされます。生理不順や不正出血などは若いうちから出ている方も多いものですが、女性ホルモンのバランスの乱れが起こりやすくなる年齢からはさらにこれらの症状が強く出始めたりします。

ライトなものでは、むくみや貧血、冷えなどもひどくなるケースはありますし、便秘や下痢といった胃腸関連にも影響します。肌が荒れてしまったりダイエットをしても痩せにくくなっていたり。少し重たくなると、自律神経の乱れや腎臓・肝臓などの内臓系の症状も出てきます。

どこで買える?白井田七ほか田七人参サプリメント

田七人参のサプリメントは、コンビニや薬局、ドラッグストアといった店舗で販売されているのを見ることは少なく、ネット通販が主流。amazonや楽天市場では白井田七始め様々な田七人参サプリメントの口コミ・レビューもチェックできますし、サプリメントの最安値もネットなら比較がしやすいですね。時期によっては激安キャンペーンをやっていたり、モニターやお試し価格が用意されているサイトや商品もありますので、購入前に評判をチェックしてみるのもいいでしょう。

なお、品質にこだわった分、他社の市販サプリメントと比べ値段の高い白井田七。白井田七もamazonや楽天で購入が可能ですが、「さくらの森」公式サイトからなら返金保障付きでの購入が可能です。店舗では取扱店・販売店がないためこれもネット通販専用ですね。

「さくらの森」はDHAサプリメントの「きなり」で有名な通販企業で評判も高く安心できる会社。webサイトには更年期障害や高血圧、糖尿、中性脂肪対策などの様々なコンテンツが掲載されているので是非チェックしてみてください。もちろん女性だけでなく男性にもオススメです。

健康食品・サプリメントに頼らない健康維持の秘訣

田七人参に限らず、健康維持や症状改善のためとはいえサプリメントを毎日飲むというのはちょっと面倒。本当は普段の食生活や運動から改善することができればいいのですが、特に働き盛りの男性などはそうもいかないということも多いでしょう。

普段から気をつけられることといえば、例えば免疫機能の改善。ヨーグルトやキムチ、お酒でも日本酒やワインには乳酸菌が含まれていますので、摂取することで腸内環境を善玉菌優位に整えていくことができます。乳酸菌の摂取量が足りているかどうかは、便通の状況や花粉症の症状、風邪をひきにくくなるなどで改善効果として実感できます。免疫力が強化されるとあらゆる症状への抵抗力が上がります。

他にも生姜を積極的に摂ることで体温を上昇させ冷え対策はできますし、納豆や玉ねぎなどは血液サラサラ成分を含んでいるため血流改善にも効果的。血管の負担を抑え心臓病リスクを下げてくれます。普段食べるもの・飲むものを少し変えるだけでベーシックな体の機能改善につながります。健康効果は今日明日すぐにわかるものではありませんが、1ヶ月もすると実感できるものも出てくるはずです。

心臓病、痛風、糖尿病、脂肪肝といった明確な病気の予防としてももちろんですが、その一歩手前の健康で頑丈な身体づくりのためには、やはり健康的な食生活と適度な運動・睡眠は欠かせませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加