年とともに気になるしみ・しわにはベジブロスを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

37_緑黄色野菜_re

神奈川県の海の近くで主人と中学生の男の子との3人暮らしをしている52歳の母です。2年ほど前までは外資系証券会社でアシスタントの仕事をしていましたが、現在は専業主婦で、ときどき自宅でライターの仕事をしています。

海に近いから、年とともにしわやしみが増えたのが悩みです

海岸からほど近い場所に住んでいるので、年齢を重ねるごとに、夫婦ともシミやしわがどんどん増えてきました。場所柄、海風が吹き、日焼けしやすく乾燥しやすい生活環境が大きな原因の一つです。息子も運動部なので毎日海岸沿いの学校のグラウンドで練習をしていて、日焼けがひどく、年頃だということもあり、肌荒れがひどいです。

私は日焼け止めにかぶれてしまう体質なので、日焼け止めが使えず、帽子やUVカットの手袋やスカーフなどを使って防ぐようにしています。それでも焼けてしまうので、食事には人一倍気を付けるようにしています。

朝の豆乳野菜フルーツジュースとベジブロス

朝は豆乳をベースにして野菜フルーツジュースを作っています。バナナ、リンゴ、小松菜はほぼ毎日入れて、他にパイナップル、いちご、ブルーベリー、マンゴー、キウイ、オレンジ、レモンなどを日替わりでミックスします。旬のフルーツは力があるので、必ず取り入れています。

また、毎日の料理で出た野菜くずを冷蔵庫でストックしておいて、2、3日おきにたっぷりの水に昆布とお酒少々を入れて一緒に30分ほど煮出します。これをこせば、ベジブロス(野菜だし)が出来上がります。これなら化学調味料要らずで、エコですし、簡単に栄養が摂取できます。

ミックスジュースでビタミンを、ベジブロスでフィトケミカルを

豆乳ミックスジュースは生の状態でたくさんの量の野菜やフルーツを食べることができます。各種ビタミンや食物繊維などを一度に大量に摂取できるのが利点です。また、豆乳は更年期の女性に良いと言われているイソフラボンなどが豊富なので、私にとっては一石二鳥です。

野菜くずを煮出したベジブロスには野菜の皮や根っこやへたなどに含まれているフィトケミカルという栄養素が簡単に取れるのが魅力です。アンチエイジング効果が非常に高く、活性酸素の増加も防ぐと言われています。

寒い冬は飲みづらい朝の野菜ジュース

豆乳野菜フルーツジュースは夏は美味しくいただけますが、寒くなるにつれ、だんだんつらくなってきます。あまりにも寒い時期は家族に寒くて飲めないと言われて、中止せざるを得ない時期が1,2カ月あります。息子はそのやめた時期にぶつぶつと顔にできものができることがあり、飲み始めると消えるので、肌荒れには非常に効果があると実感しています。

ベジブロスはもともと野菜くずだったものから作るので、30分の煮出す時間と電気代(ガス代)しか必要ありません。非常にエコで美味しくて栄養がたっぷりで素晴らしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加