鉄欠乏性貧血には、たんぱく質とビタミンCを鉄分と一緒に摂って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140_豆乳_re

私は都内で一人暮らしをしている30歳のOLです。会社まで30分満員電車に揺られながら通っています。仕事はデスクワークで、パソコン作業が主な上残業が多く、21時頃まで画面を見続けているのでいつも目や腰に疲労を感じています。

年々生理が重くなり、慢性的な貧血に

20代後半から生理痛が重くなりました。元々月経前症候群がありストレスが溜まってイライラしたり頭痛がする症状はあったのですが、最近は生理痛がひどい上生理中の経血が増え、慢性的な貧血状態になっています。

食欲不振、動悸、頭痛など貧血症状が顕著になり、仕事にも影響を及ぼすようになりました。また疲れが抜けないため週末はずっと寝て過ごすことも増え、まともな生活が送れなくなってきました。

貧血にはいくつか種類がありますが、女性の場合ほとんどが鉄欠乏性貧血だといわれています。元々鉄分は吸収率が悪いそうで、しかも植物性の非ヘム鉄はタンニンで失われてしまうため、食事と一緒に緑茶を飲んだだけでアウトだそうです。その他、穀物、卵黄やほうれん草なども一緒に摂ると鉄分の吸収が悪くなると知りました。

たんぱく質をしっかり。特に豆乳は毎朝飲みます

鉄欠乏性貧血を治すためには、良質のたんぱく質をしっかり摂ることが大切だと聞き、肉や卵を意識して摂るようにしました。大豆製品にもたんぱく質がたっぷりなので、手軽な豆乳を飲んでいます。さらに、ジュース代わりに雪印の「プルーンFe 1日分の鉄分のむヨーグルト」も愛飲しています。

鉄分はたんぱく質やビタミンCと合わせて摂ると良いそうです

鉄分を取るためには、レバーやひじきなど鉄分の多い食べ物だけでは十分に働かないと聞きました。たんぱく質やビタミンCの入っているものと一緒に取ることで、効果が発揮できるのだそうです。特に動物性たんぱく質は鉄が効率的に使われる助けとなり、ビタミンCやクエン酸が野菜などに含まれる非ヘム鉄の吸収を助けるのだそうです。

また、ラクトフェリンという成分も鉄分の吸収を助け、さらに腸内環境を整える作用があるそうです。スキムミルクやヨーグルトなどに添加されたものが販売されています。考えてみると、私はこれまで野菜やお米はよく食べましたが、たんぱく質の摂取が足りなかったと思います。豆乳はいろいろな味のものが販売されているので飲みやすく、毎日楽しんで飲むことができます。

毎日飲むだけで、貧血が改善されてきました

毎朝コンビニで豆乳を買って会社に行きます。貧血が完全に治ったわけではありませんが、徐々にだるさが軽減され、顔色もよくなったと言われるようになりました。仕事にも遊びにも頑張りが効くようになったのが、何よりうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加