「センナ」は腸にダイレクトに届く!毎朝の苦しみにお別れしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘_re

「センナ」といえば言わずと知れた、強力な便秘解消薬です。医薬品としての使用はもちろん、茎にも充分な効果があり、これは食品扱いなので簡単に手に入れることが出来ます。独特の漢方薬臭さがありますが、効果は抜群です。

「センナ」とは

センナはマメ科カワラケツメイ属の植物で、原産はアフリカ地方と言われています。漢方でお通じが良くなると言われる決明子は同じマメ科の別属です。現在日本で販売されているセンナの多くは「チンネベリセンナ」と呼ばれるインド南部のもので、高温、乾燥、直射日光を好む品種です。

センナの薬理成分を「センノシド(センノサイド)」と言い、胃のバリウム検査の後に出される下剤はこの成分です。古くは堕胎に使われたほど、葉や果実には非常に強い瀉下作用があります。そのため、果実、葉、葉柄、葉軸は医薬品扱いで、健康茶に入れて良いのは茎の部分だけで、しかも効能を謳ってはいけないことになっています。

センナの効能・効果

センナは胃や小腸では消化されずダイレクトに大腸に届き、腸を刺激するという特徴があります。センノシドは葉に含まれる成分で、水分の吸収を高める作用があります。これによって便が柔らかくなります。また、センノシドは大腸で大腸菌によってレインアンスノンという物質に変化します。この成分が腸管の神経を刺激し、ぜん動運動を活発化することによって排便しやすい状態にするのです。

センナを長期使用すると効果が薄れる

ただし、センナを長期使用していると、腸がセンナの刺激によるぜん動運動に慣れてしまい、自らぜん動運動をすることを止めてしまう可能性が指摘されています。そのため、長期にわたる使用は避けなくてはなりません。また、便が柔らかすぎるとミネラル分も排泄してしまうため、常用も避けるべきでしょう。さらに、腸を刺激すると筋肉も収縮するため、子宮に悪影響を及ぼすことがあります。そのため妊娠中は絶対に摂取してはいけません。

センナの長期使用で腸の働きが悪くなることも

センナには「アントラキノン」という成分が含まれています。この成分を長期使用していると、「大腸メラノーシス(大腸黒皮症)」という症状が起こることがあります。これは大腸が真っ黒になる症状で、センナに含まれているメラニン色素が大腸の粘膜についてしまうのです。

それだけなら良いのですが、この症状は腸管の神経に影響を及ぼし、大腸の動きを悪くしてしまうことがわかっています。元々便秘症で大腸の動きが悪い所に加え大腸メラノーシスを発症すると、大腸はさらに弱ってしまいます。ただ、これはセンナの使用を中止すれば、半年から1年で元の色に戻り、大腸の動きも正常になると言われています。ですから、センナを常用することは避けましょう。

センナの使用頻度は

便秘=毎日便が出ないこと、と考えている人がいますが、そうではありません。毎日排便があっても便が硬かったり臭ければ便秘です。まずは食物繊維が多い食品を摂り、腸のあたりをマッサージするなど自然なお通じを目指して下さい。それでもダメな時にだけ、センナを使用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加