爽やかな果実の西洋梨は、疲労回復や便秘解消にも効果アリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

172_西洋梨_re

風邪気味のときや高血圧にもおすすめ。健康と美容に良い西洋梨の栄養素とは

ラフランスなどで知られている、可愛い形の西洋梨は、タルトやゼリー、シャーベットなどのスイ—ツでよく見かけるでしょう。さっぱりとした味わいで、甘すぎず食べやすいフルーツです。ケーキ屋などでは、そのままコンポートにしているものも人気があります。ペースト状のジャムにしたものは、ヨーグルトに入れたりトーストに塗って食べる人もいることでしょう。食物繊維が豊富なので、ダイエットにも適したフルーツなのです。

クエン酸:疲労回復、抗酸化作用、殺菌効果、食欲増進

西洋梨にはクエン酸が含まれています。クエン酸は食欲を増進させると共に疲労回復効果があるので、風邪のときや夏バテ気味の際などに摂取すると良いでしょう。また抗酸化作用も高く、血管やお肌の老化を防いでくれます。免疫力を高める作用もあるので、風邪の予防にもなるでしょう。そのほかに、殺菌作用もある成分です。

ソルビト—ル:解熱作用、咳止め効果、虫歯の予防

西洋梨には、ソルビト—ルという成分が含まれています。ソルビト—ルとは糖アルコールの一種であり、果物の甘味成分ではあるものの口の中で有機酸の生成がほとんどないため、虫歯になりにくいとされています。また解熱効果や咳止めにも効くとされ、発熱したり咳き込む風邪のときに摂取すると良いでしょう。

アスパラギン酸:疲労回復、滋養強壮、利尿作用

西洋梨には、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸が含まれています。アスパラギン酸はスタミナをつけるために良い成分であり、疲労回復効果もあります。風邪で体が弱っているときや夏バテ気味のときに摂取すると良いでしょう。またアスパラギン酸はアンモニアを解毒するので、利尿効果もあるでしょう。

食物繊維:整腸効果、ダイエット効果、コレステロール値の抑制

西洋梨には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は人の酵素によって消化されない成分であり、腸内環境を整える作用があります。食物繊維を摂ることで、便秘を解消できて体の中からすっきりするので、ダイエット中の人にもおすすめの成分だといえるでしょう。また食物繊維はコレステロール値の上昇も防ぐ働きがあります。

カリウム:むくみの解消、筋肉機能の活性化、ナトリウムの排泄

西洋梨にはカリウムが含まれています。カリウムは体内の余分なナトリウムを排泄する作用があります。塩分を過剰摂取すると血圧が上がるので、カリウムを摂ることで血圧の上昇を防ぐことができ、高血圧の人におすすめの成分といえるでしょう。また筋肉の動きを良くしたり、むくみを解消する効果もあるとされています。

西洋梨を使った主な料理

西洋梨はラフランスなどがよく知られており、そのまま皮をむいて食べることができます。そのほかの料理としては、煮込んでジャムにしたり、ゼリーやジュース、シャーベット、タルトやケーキの材料としても使われることが多いでしょう。またドライフルーツも人気があります。サラダに入れたり、ドレッシングに使うこともあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加