サラダ菜を上手に使って老化を防いで美肌に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

132_サラダ菜_re

安定した健康の維持や老化の防止にはサラダ菜の栄養素が効果アリ!

サラダ菜はサラダなどに使われる事が多い食材で、一般的に食べる機会の多い食べ物です。栄養素的にはビタミンAやビタミンCなどの大切なビタミン郡や、カルシウムや鉄分などのミネラル成分など、安定した健康状態の維持に対して、大切な成分や要素を多く含んでいるので、食卓においても積極的に摂取されることがおすすめできるでしょう。

ビタミンA:視力回復の助けになる!

サラダ菜に多く含まれているビタミンAは、脂溶性ビタミンといわれるビタミン郡の1つで動物性食品に多く含まれている成分ですが、この食材などの濃い色の野菜にも含まれています。ビタミンAは基本的に皮膚や粘膜の機能維持や視覚の正常化などに効果があり、視力に問題を抱えておられる方などには効果的と言えるでしょう。

ビタミンC:歯肉炎や肌荒れの対策に!

サラダ菜に多く含まれているビタミンCは、一般的に水溶性ビタミンといわれるビタミン郡のひとつです。基本的に人間はビタミンCを体内で合成することができませんので、継続的に摂取することが必要です。ビタミンCはコラーゲンの働きを助けるため、慢性的な歯肉炎や肌荒れなどに効果があり、それらの修復の助けになるのでそれらの症状にお悩みの方はビタミンCを摂取してみましょう。

カルシウム:骨粗しょう症などの対策に重要!

サラダ菜に多く含まれているカルシウムは、昔から炭酸カルシウムなどとして利用されてるミネラルの中のひとつです。カルシウムはミネラルの中でもとても多く身体の中に存在していて、だいたい体重の1〜2%はカルシウムです。カルシウムは人間の骨や歯などの生成に必要な大切な成分で、不足すると骨粗しょう症などの原因などにもなりかねませんので、安定的に摂取しましょう。

鉄分:貧血の予防に必要な大切な成分

サラダ菜に多く含まれている鉄分は、古代の時代から貧血の治療に使われていたとされているなど、貴重なミネラル成分のひとつです。 鉄分は赤血球のヘモグロビンとくっついて、酸素などの移動や細胞の動きに対して大切な役割を果たしています。そして金属酵素としても働くため、鉄分が不足すると貧血などの症状を引き起こしますので、貧血気味の方などは定期的に摂取するといいでしょう。

ビタミンE:老化防止や生活習慣病の予防に効果

サラダ菜に含まれているビタミンEは、脂溶性といわれるビタミン郡のひとつです。α-トコフェロールというビタミンEを構成する要素のひとつは生理活性が強いとされています。 ビタミンEは活性酸素の影響で細胞などが酸化されてしまうことを防ぐ効果があり、老化や生活習慣病の予防などに効果があります。

サラダ菜を使った主な料理

サラダ菜を使った料理といえば、一般的にはサラダや手巻き寿司の具材などに使われますが、それ以外にも担々麺などに添えたり、卵や豚肉などと一緒に炒めたりと、いろいろな料理に使われます。この食材は基本的に生で食べるのが一般的ですが、焼いたり煮たりしても使うことが出来るので、使い勝手のよい食材と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加