見かけは白菜!?『山東菜』の栄養素で体の中から集中ケア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

204_山東菜_re

みなさん『山東菜(さんとうさい)』という野菜をご存じでしょうか。白菜によく似た葉野菜で、中華料理にもよく使われる食材です。また、生でも食べられるので、和食やイタリア料理に利用されることもしばしば。この山東菜は、栄養価の高いことでも知られている“アブラナ科”の一種。これさえ食べれば、体に嬉しい成分を一気に摂取できますよ。

頻繁に出る鼻血は『ビタミンK』不足のサインかも

山東菜に豊富に含まれている栄養素のひとつが、『ビタミンK』です。止血効果のあるビタミンKは、不足すると鼻血や月経過多、さらには血尿や胃腸の出血の原因になってしまいます。また、骨の代謝に大きく影響しているので、慢性的なビタミンK不足は、骨粗しょう症や骨折を防ぐためにもぜひ摂取したい栄養素です。

貧血解消に欠かせない『葉酸』

ビタミンB12と協力して、赤血球をつくっているのが『葉酸』。この葉酸も山東菜に含まれている栄養素です。葉酸は、貧血改善の効果が期待できる上、新陳代謝を活発にするので、肌のターンオーバーを正常化するには必要な栄養素。また、血液中のアミノ酸の濃度を下げる効果も期待できるので、高いアミノ酸濃度が原因となる動脈硬化や心臓病を防ぐこともできるのです。

美肌を目指すなら頼りたい『ビタミンC』

自身が身代わりになって酸化されることにより、私たちの体の老化を防ぐ『ビタミンC』。このように高い抗酸化力を誇る『ビタミンC』は、山東菜にもたっぷり含まれています。またビタミンCは、体内でコラーゲンを生成するのにも欠かせない存在です。外からの肌のお手入れも必要ですが、体の中からケアすることで、人とは違う美しさを手に入れることができそうです。

肌の健康維持には『ビタミンA』

肌の新陳代謝を促進する『ビタミンA』は、美しい肌を手に入れたい人なら誰もがすすんで摂取したい成分です。肌の健康維持に貢献しているビタミンAは、不足すると乾燥肌やニキビ肌の原因に。また、肌だけでなく粘膜の健康維持にも影響しているので、よく口内炎にかかる方や胃腸の弱い方は、意識して摂取することをおすすめします。

『ビタミンE』で体の中から若返る!

“若返りのビタミン”とも呼ばれる『ビタミンE』も山東菜には含まれています。例えば、体内にはびこる老化の原因“活性酸素”を除去するのも、抗酸化物質であるビタミンEの役目。また抗酸化作用をもつ食材を食べるだけで、血栓や悪玉コレステロールを防止でき、血液をサラサラ状態に維持することができるのです。

山東菜を使って作ろう!

中華スープや五目焼きそばなどの具材として使われることが多い山東菜。とても白菜と似ているので、白菜と同じように漬物などに利用するのもおすすめです。また、白菜同様、生でも食べられるので、サラダに利用するのもいいですよね。また、茹でてしらすなどと混ぜれば、簡単にお浸しが完成します。あなた好みの調理法で、山東菜の栄養価をたっぷりといただきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加