疲れが抜けにくくなったらサバ生活を意識してみて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さば_re

私は都内に住む30代後半で、妻子と4人での生活をしています。年々健康面での管理をしつつも疲れやすくなってきたことを実感するため、近年は食生活の見直しを考えて生活するようになりました。健康に良いという事をよく見聞きしているサバを食生活の一部に取り入れたことについて書いてみたいと思います。

30代に入りとにかく疲れが抜けにくくなった。

私はオフィスワークを中心に普段仕事をしています。ですので、座って仕事を行うことが多いのですが、どんな職業であれ、年々疲れが取れにくくなるというお話を見聞きしますし、実際に私も疲れの抜けない生活になったと実感しています。睡眠時間は平均して6?7時間取るようにしていますが、翌朝に元気になっているという事を近年では滅多に感じることがなくなりました。

そこで、そのような状態が続いても日々辛いだけですので、食生活の見直しを真剣に考えるようになり、インターネットサイトや書物などで調べた結果、食生活の見直しをしてみようという気持ちになりました。

一週間に最低2度はサバを食べるようにしました。

疲れが取れにくくなった事を改善するために食生活の見直しを考えた事で、新たに普段の食事に取り入れてみた食べ物がサバです。青魚が体に良く、血中脂肪の数値を下げるという書き込みを見まして、サバを普段お食生活の中に以前より多めに取り入れてみようと思いました。青魚の中でもサバを選んだ理由は、個人的に青魚の中で一番好きな魚であったことと、サバのエキスが健康に良いことが様々なサイトで紹介されていたからです。

また、これまで食べる機会の多かったハンバーガーなどのジャンクフードや脂っこい天丼、揚げ物類はほぼ食べないように徹底しました。

サバの脂質が健康に良いと知り、スーパーでサバの塩焼きや缶詰を買うようになりました

青魚の中でもサバは脂質が高いだけではなく、高血圧の予防や眼精疲労、体力をつける、といった効果を知りました。私の本来の目的は疲れが取れないことによる対策だったわけですが、疲れが取れやすくなるだけではなく、内蔵の改善や生活習慣病の予防になっている事を実際に実感できていますので、これは元々の目的を果たせた以上に嬉しかったことです。

私の場合は、サバの缶詰でも体の調子の良さを感じることができています。

健康診断の結果、血中脂肪の数値がガクンと下がりました。

サバの脂質がコレステロールや、血中脂肪減少に良いという事を様々なサイトで知りましたが、実際にサバを食生活に取り入れてから数ヵ月後に受診した健康診断で、血中脂肪が明らかに前年の数値より下がっていることに驚きました。元々太り体型だった私は、それまで血中脂肪に関しましては、基準値ギリギリの数値でクリアしている状態でした。

ですが、サバを食生活に取り入れて見直しを図ったことだけではないと思いますが、血中脂肪基準値の範囲の中でも低い方の数値が出たことに特に驚きました。私自身の体験から、インターネットサイトの書き込みや書物の紹介も以前より信頼できるようになりました。コストについてはそこまで負担になる額ではないと思いますし、以前よりも体の調子の良さを実感できていますのでこれからもサバを食生活に取り入れていきたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加