ローズマリーの驚くべき3つの効果!口臭予防、記憶力アップも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローズマリー_re

人気のハーブ!ローズマリーとは

ローズマリーと言えば、人気の高いハーブとしてお馴染ではないでしょうか。育てる楽しさ、料理で美味しく味わうなど、暮らしの中で気軽に楽しめる植物でもあります。ローズマリーは記憶力や集中力を高める効能をはじめ、殺菌作用、新陳代謝促進、抗酸化作用と、美容と健康に非常に良い効果があることでも有名です。サプリメント、化粧品、シャンプーなどの成分でも注目され、幅広い利用法が魅力のハーブとして近年注目を浴びています。

ローズマリーの驚くべき3つの効果とは?

脳内ストレスを低下させて『記憶力の向上』

ローズマリーに含まれるカルノシン酸というポリフェノールには、脳神経細胞を保護して、脳の神経を休めさせる働きがあります。これにより脳内ストレスを低下させることができ、その結果、記憶力と集中力を高める効果が期待できます。

ポリフェノールの効果で『口臭予防』

ローズマリーに含まれるポリフェノールの1種であるカルノシン酸には、微生物を抑制する働きがあることから、口臭の予防効果があるといわれています。

活性酸素を除去!『シミ・しわを予防!』

細胞の老化でしわ、しみの原因にもなる活性酸素は、美容と健康の敵ともいえます。ローズマリーに含まれるロズマリン酸には、その活性酸素を除去したり、阻止する抗酸化作用により、高い美容効果が期待されています。また、ロズマリン酸の持つタンニンには、肌の引き締め作用もあることから、ローズマリーは美容に大変優れた成分といえるでしょう。

気軽さが魅力!ローズマリーの摂取方法

ハーブティー

ローズマリーといえばハーブティーをイメージする人も多いのではないでしょうか?ローズマリーはハーブティーで摂るのが一番手軽でおすすめです。ハーブティーであれば、仕事や勉強の合間に飲むことができるので、毎日気軽に飲むことができます。また、覚醒効果もあるので、朝の目覚めが悪いときなどは、朝1番で飲むといいでしょう。

ただ、ローズマリーには独特の香りがあるため、飲みにくいと感じる方もいるかもしれません。その場合は、はちみつやメープルシロップを入れたり、紅茶や他のハーブティーとブレンドすると飲みやすくなるので試してみてください。最近は保温機能のついた水筒が沢山売っているので、それらにハーブティーを入れて持ち歩くといいでしょう。食事や休憩のときにこまめに摂ると1日で多くの量を摂取することができます。

毎日忙しくて美容や健康に気をつかう暇がない方や、ストレスが多い方は、普段からハーブティーなど飲むことで、知らない間に効果を実感することができるでしょう。

香辛料

ローズマリーの摂取方法はハーブティーだけではありません。ローズマリーは、すっきりとした強めの香りが特徴で、肉料理や魚料理の臭みを取り除く効果があることから、さまざまな料理に使うことができます。中でも、においの強いラム肉や鶏肉の料理には最適です。

また、オリーブオイルに漬けておくとローズマリーのエキスがオイルにしみ出るので、深みのあるオイルになります。このオイルは、普段使っているオイルと同様に料理に使えるのですが、中でもこのオイルを使って作ったドレッシングは格別。ローズマリーの香りでサラダが一層美味しくなると女性から支持を集めています。

ハーブティー1~2杯で摂れる!ローズマリーの1日の摂取量

ローズマリーの1日の摂取量は特に決められていませんが、ローズマリーをハーブティーで摂る場合は1日1~2杯が目安とされています。上限は設けられていませんが、過剰摂取には注意が必要です。中でも血圧が高い人や妊娠している方は摂取を控えるか、かかりつけの医師に相談することを推奨します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加