リローラで気分爽快!これであなたもイライラ簡単解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット2_re

リローラで気分爽快!コルチゾール抑制効果でイライラ解消

人間の体は覚醒している状態でもストレスが多くなることによって人体に悪影響を与えるコルチゾールという物質を多量に出すことがあります。少量ならば問題ないのですが多量になると記憶力が低下したりイライラするなど問題を発生させるのです。

これを抑制してくれるのがリローラで、コルチゾールの発生が抑制されることでストレスがあってもイライラしない体作りをしてくれます。

ストレスの問題直視で見える問題も原因はイライラ

ストレスによって生じる問題として、実はイライラすることが挙げられます。このイライラは、例えばやたらと食べることに集中してしまったり、あるいはギャンブルや酒に没頭してしまったり、タバコの使用量が増えるなど、何かイライラをぶつける対象が必要になるという問題点があるのです。

原因はコルチゾールであり、このコルチゾールを抑制してくれるリローラをここぞというときに服用することで軌道修正ができるようになります。

ダイエットのお供に!リローラがアメリカで利用されている理由とは

アメリカではダイエットをするときにリローラを利用するという風習ができています。これはダイエットという行為そのものがストレスを増大させてしまうからです。

ストレスが増えれば逆にやけ食いしたくなったり或いは運動をやめてしまおうかという気持ちになってくるので、これを改善する目的で服用するのです。

一日を通じて利用したいなら食後にすぐ摂取!

リローラはサプリメントであり、食後に摂取するというのが普通の服用方法になっています。一日を通じてイライラを解消する必要がある場合には、毎食後に利用するのがいいでしょう。

食事に関してはそれほど食い合わせを意識する必要はありません。どんな食事をした後でも普通に服用できるため、必要なら普段から持ち歩いておくと良いでしょう。

ここぞというときに利用するなら何か胃にいれて服用を

どうしてもイライラしてきたというときにだけ使いたいという人もいます。一日中慢性的に使うよりここぞという場面でだけ利用するのです。

リローラはそれ単独で服用するとちょっと気分が悪くなることがありますので、空腹時の服用は実は向いていません。そのため利用するならコンビニなどでちょっとパンなど軽食を買ってきて胃をある程度満たしてやることが大切です。

一回一カプセル!量が多くないので一日分なら三カプセルでOK

一日辺りのリローラの服用量は2~3カプセルが理想的です。これは大体食事のときにとれる量にピッタリであるため、大抵の人は食後に摂取しています。一日に利用するときには持ち運びを行いますが、この場合でも大量に持ち歩く必要がないため携帯にも便利です。

ただし製品によっては含有量が異なっており、一度に二カプセルや三カプセル必要なケースもあるため、製品毎の服用量チェックは必ずやりましょう。

イライラしたときの必需品!リローラの漢方的な作用でストレス社会に適応を

コウボクやオウバクといった漢方などにも用いられている成分が入ったリローラは、漢方薬的なじわじわした効果と西洋薬学における即効性の二つを併せ持ったサプリです。イライラ解消に古くから用いられてきた成分が濃縮されているので、現代社会のストレスを軽減するのに向いています。

耐性などもつきにくく、長期服用に向いていますから長期間ストレスに晒される方にとっては必需品と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加