美容に敏感な人の味方!リン酸エステル型ビタミンCとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

98_美肌_re

美容に敏感な人の味方!リン酸エステル型ビタミンCとは

リン酸エステル型ビタミンCとはビタミンC誘導体の一つです。

不安定なため肌に吸収されなかったビタミンCの吸収率を高められており、皮膚からの高い吸収率が期待でき、本来の栄養素の作用を十分に発揮させ、そのことによって抗酸化作用がスムーズに働き、様々な肌トラブルを防ぎ改善させるとして、主にサプリメントや化粧品に配合されています。

リン酸エステル型ビタミンCの効果とは1

ビタミンC誘導体であるリン酸エステル型ビタミンCは、通常のビタミンCと違う点がいくつかあります。

まずは、通常のビタミンCですが、こちらは食品からも摂取できますが、急速に吸収され、本来の栄養素を発揮する前にほとんどが尿として排泄されてしまうため、持続性に欠けるという欠点があります。ビタミンC誘導体の方は、こういった欠点に着目し、ビタミンCの有効性を高められています。

リン酸エステル型ビタミンCとは2

通常のビタミンCがすぐに体の外に出て行ってしまうという欠点を改善したビタミンC誘導体の一つ、リン酸エステル型ビタミンCですが、その効果は、ビタミンCの構造の中の酸化還元に着目された化合物のため、酸化しにくく、熱や水を加えられても安定した働きをします。

また、皮膚の細胞に存在する酵素によって栄養素として十分に働くことができるのです。

リン酸エステル型ビタミンCの取り方って?

リン酸エステル型ビタミンCは残念ながら、化合物のため食品には含まれません。

経口摂取での主な摂取法としては、健康食品やサプリメントです。体内に入ると、脱リン酸酵素が働き、速やかにビタミンに変換され、また持続性が長いため肌荒れやビタミン不足による不調を感じた時に摂取すると、改善が期待されます。

美容効果は花マル!?リン酸エステル型ビタミンC

肌荒れなど肌トラブルの改善に期待できるリン酸エステル型ビタミンCですが、実はサプリメントや健康食品以外に、美容品にも多く含まれています。

皮膚からの吸収率が良く美白成分にも期待できるため、化粧水や保湿クリームなどでも活躍し、その吸収率の高さで健康で透き通った肌へ導く手助けを行っています。

リン酸エステル型ビタミンCの摂取量は・・・

リン酸エステル型ビタミンCは、基本的に経口摂取ではサプリメントや健康食品、皮膚からは化粧水やローションのような塗布するタイプで摂取するものなので、明確な1日の摂取量はありません。また、ビタミンC誘導体は刺激が少なく安定性があり、安全であると言われています。

しかし、過剰摂取によりトラブルを起こす可能性も考えられますので、用法用量をよくご確認の上、使用してください。

科学の力でしなやか吸収、リン酸エステル型ビタミンC

ビタミンC誘導体のリン酸エステル型ビタミンCは、肌トラブルの改善、美白効果、効率的なビタミンCの摂取などと、経口摂取、皮膚からの摂取を問わず様々な方法で、不調から体を健やかに導くサポートを行ってくれます。

基本的にはサプリメントや化粧品による摂取が一般的ですので、体に不調を感じた人、トラブルを改善したい人におすすめしたい栄養素の一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加