アレルギー予防にもつながる!リンゴポリフェノールの力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

221_りんご_re

リンゴの健康パワーリンゴポリフェノールの力

酸味と甘みのバランスが良いことによって子供からお年寄りまで年齢問わずに人気の果物としてるのがリンゴであり、その食べ方は生のままでもそして加熱しても良いためサラダやお菓子にも使われるほど幅広く食べられます。

そのリンゴにおいて、現在の世界の健康志向が広まることで効能ある食材の効果を調べたところリンゴには特有の成分であるリンゴポリフェノールが含まれていることが分かったのです。

リンゴポリフェノールの持つ抗酸化作用

近年の健康ブームとなった背景には、暴飲暴食や紫外線の永久と言った毎日の生活の中で繰り返される人体に害となることが積み重なると発生する物質活性酸素が関係しています。

この活性酸素は見た目が老けて見える初期症状の後に重い病気の引き金になります。その活性酸素を除去する力があるとされているのがポリフェノールで、このリンゴポリフェノールもポリフェノールの仲間であり活性酸素を除去する力を持っています。

リンゴポリフェノールはアレルギー予防にもつながる

近年リンゴポリフェノールは活性酸素を除去する力として注目されていますが、それ以外にも増加傾向にあるアレルギーにも効果があるとされています。

このアレルギーは体内の酵素が過剰反応することによって体内の組織を傷つけてしまう症状で毎日の生活に支障をきたしてしまうことから、この成分を摂ると過剰反応した酵素の働きを抑制するため改善が見込まれます。

リンゴポリフェノールは皮に含まれているのでジュースにするとよい

リンゴポリフェノールはリンゴ全体に含まれているため、それを余すことなく摂取するにはジュースにすると摂取しやすくなります。その際にリンゴジュースにするときに、このリンゴの皮ごと加えて作る良いのです。

それはリンゴの皮は太陽の紫外線を浴びて中身が痛まないように守る成分がこれであることから、この皮をすべてミキサーですりつぶすことによって余すことなく摂取できます。

食感に困るときのリンゴポリフェノールの取り方ジャム

慣れれば問題の無いリンゴの皮ですが、しかし初心者においてはリンゴの皮は中身との食感の違いによって食べにくいのです。そ

こでリンゴポリフェノールが大量に含まれている皮まで美味しく食べる方法としてはジャムであり、このジャムを皮ごとすりおろして砂糖とレモン汁で加熱して煮詰める作ることで食感の違いをなくし食べやすくなります。

リンゴポリフェノールの一日の総摂取量

どの栄養素でも言えるのですが一日の総摂取量というのが存在し、その摂取量を摂らないとあまり効果を発揮しないことになります。このリンゴポリフェノールの一日の総摂取量には一個分を食べる必要があります。

さすがにリンゴ一個を一日に毎日摂取することが難しいですが、近年ではサプリメントでも販売されているので摂取すると効率よく取れます。

リンゴポリフェノールで医者いらずになりましょう

近年では健康ブームになったことで活性酸素やダイエットそしてアレルギーに関しての知識が世間に広まることで、その対処するために様々な方法が取られています。しかしこういった物は一度発生すると何度も再発しやすいものであるため、そのたびに医者に行くと医療費が多くかかかってしまいます。

そのため改善を行うことが必須であり、そのための方法として食事療法の中にリンゴポリフェノールを組み込むことが良いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加