身体の基礎器官の再生や強化にとっても重要!リンの秘密とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨_re

身体の基礎的な器官の再生や強化に関与しているリン!

リンは人体に多く存在しているミネラル成分で、プロセスチーズやアーモンドなどに多く含まれています。

この成分はカルシウムやマグネシウムなどと一緒に骨や歯などを形成する働きをしています。またアデノシンなどとくっついて身体の中のエネルギーを蓄える働きがあるので、エネルギーが必要な時などに動きが鈍くなったり、集中力が低下するなどの症状を防ぎます。

骨と歯を形成するために主要な成分であるリン

リンはカルシウムやマグネシウムなどと接合する性質があり、その結果として骨や歯などの身体の部位の形成に大きく関与しています。

ですので骨や歯などの強度を高めたい方などは、安定的に身体に採り入れるべき成分の一つです。またこの成分には細胞の生成にも貢献しているので骨などと共に新陳代謝のサイクルを早める効果があります。

神経伝達を良くする効果があるリン

リンはさまざまな身体の器官の、安定的な機能維持に必要な成分の一つなので、核酸などの形成に大きく貢献しています。

ですので細胞膜や粘膜などの主要な構成要素として関わっているので、筋肉などの正常な運動を支えて、適切な関節の動きなどの身体の基礎的な体力を保持させる効果があるとされています。

スライスチーズをパンにのせて簡単にリンを摂取する!

チーズはリンなどが多く含まれている食材で、ピザパンやチーズケーキなどのさまざまなメニューに使われています。

さまざまなチーズの中でもこの成分が特に多く含まれるのがプロセスチーズで。プロセスチーズはとても使い勝手の良い食材として知られていて、サラダやカルボナーラなどの料理などにも使われています。

わかさぎを上手に食べてリンを補給

わかさぎはリンを多く含んでいる食材の一つとして知られています。わかさぎはシンプルに塩焼きなどにした品目が人気がありますがそれ以外にも、フライや天ぷらなどにしたり、タレなどに漬け込んでお米と一緒に食べたりする料理などもあります。

栄養素的には玉ねぎやニンジンなどと酢漬けにすると、この成分と酢の酸味成分が混ざり合い身体に対して良い効果があります。

リン一日の目安量はとしては1050mg程度

リンの一日の摂取量の目安としては大人の男性で、だいたい一日1050mg程度だと言われています。

この量の摂取を毎日採るためには、この成分の含有量が高い食品を適量摂取することを日々意識付けることが大切です。具体的には明太子やプロセスチーズなどの、比較的毎日食べることの出来る食品から始めるといいでしょう。

リンは骨と神経細胞の活発な新陳代謝を促す!

リンはマグネシウムやカルシウムなどと共に身体を支えているとても大切な栄養成分の一つです。

この成分が多く含まれている成分としては、チーズやワカサギなどが有名です。この成分はカルシウムなどと結合して、骨や歯などの活発な形成に貢献しているので、骨や歯などの健全な活動が弱ってきている方などには持続的な摂取が必要と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加