血液内の有害な物質を減少させる!リグノセリン酸で血液を健全化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

137_オリーブオイル_re

飽和脂肪酸を減少させる効果があるリグノセリン酸で血液を健全化

リグノセリン酸はテトラコサン酸とも呼ばれる脂肪酸で、ナッツ類などに多く含まれています。

この成分には血液の中に存在している様々な有害な成分の量を、減少させる効果が認められているので、血液の流れが滞ることによって起こる色々なトラブルを未然に防ぐ効果があるとされています。また腸内の安定化にも貢献しています。

血液内の有害な物質を減少させるリグノセリン酸

リグノセリン酸は血液の中に存在していて、増加すると身体に悪い影響を及ぼすことが知られている中性脂肪などの成分を、適正な量に戻す効果が認められています。

ですので血液内の様々な成分のバランスが保ち、身体の隅々まで栄養素を届けることに貢献しています。またその影響で血管の劣化を防ぐなどの効果も期待出来ます。

腸内の活動を良くするリグノセリン酸

リグノセリン酸は小腸では消化されにくい性質があるので、大腸まで届いて大腸に刺激を与えることが知られているので、腸の活動を促して腸内の健全化につながります。

また腸内の活動の活発化によって、腸内の細胞の再生成を促すので、腸内細胞の新陳代謝を活発にして、大腸を若返らせるなどの効果が期待出来ます。

オリーブオイルのドレッシングで簡単にリグノセリン酸を摂取

リグノセリン酸はオリーブオイルに含まれていることが知られています。

オリーブオイルはイタリア料理などに多く使われることで有名で、パスタやピザなどにも使われています。そんなオリーブオイルを使った料理として栄養素的に効果的なメニューとしては、オリーブオイルでドレッシングを作ってサラダなどに使用すると、ビタミン成分なども多く採れるのでとても便利です。

ピーナッツに多く含まれているリグノセリン酸

リグノセリン酸はピーナッツなどのナッツ類に多く含まれていることが知られています。

そんなピーナッツを使った料理としては、チョコレート菓子などと相性が良いので、それらを間食として食べるのも良いのですが、それ以外にもピーナッツバターなどとして朝食などで摂取すると、継続的にこの成分を摂取することが出来ます。

リグノセリン酸の一日の必要とされている量は5gから8g

リグノセリン酸の必要とされる摂取量としては一日5gから8g程度とされています。

この量を摂取するにはこれらの成分が含まれているオリーブオイルなどを、日常的に使って料理していれば基本的には問題ないでしょう。またピーナッツなどのナッツ類などを継続的に食べている方なども、充分に摂取出来ていると言えます。

血液内の成分のバランスを調節するリグノセリン酸で血管年齢を下げる!

リグノセリン酸は脂肪成分の一つで、様々な食用油やピーナッツなどに含まれています。

この成分は血液の濃度を下げて血液をサラサラにする効果があるとされているので、血管の健康を支えて色々な悪い症状を予防しています。また大腸の神経細胞を刺激して腸内の活動を活発にするので、腸内の健康的な活動に貢献しています。ですのでそれらの症状に不安をお持ちの方は積極的に摂取すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加